山行の記録|河津城址公園から満開の桜を眺めつつ三筋山まで登ってきました 

山行

今年も河津の桜が満開を迎えました。

本来であれば、河津川沿いにある桜並木をそぞろ歩きするところですが、大混雑の予想だったので、ちょっと違う視点で桜並木を見渡そうと駅チカの高台、城山にある「河津城址公園」に登ってきました。

この場所は、昔、河津城があった場所で、河津の街並みや河津川を眼下に収める展望の良い場所で、思った通り満開の桜並木を俯瞰して楽しむことができました。

ほんとは、三筋山から伊豆七島を眺めるのが本命のはずだったのですが、こっちの眺めが楽しくて、夜にもう一度訪問してみたところ、心踊る夜景を楽しむことができました。

高台からの桜並木を楽しめる場所をお探しのようでしたら、参考になる記事になっていると思います。

是非、最後までよんでいってくださいね。

基本情報

まずは、今回の山行についての基本情報です。

山行の基本情報

日付:2023/2/25

天候:晴れのち曇り

エリア:伊豆エリア

コース概要:

伊豆急行線「河津駅」〜河津城址公園〜今井浜海岸〜今井浜フライングスクール〜三筋山〜今井浜フライングスクール〜今井浜海岸〜河津城址公園〜伊豆急行線「河津駅」

難易度:体力☆☆☆、技術☆、危険☆

交通機関:

(往)伊豆急行線「河津駅」からスタート

(帰)伊豆急行線「河津駅」から帰路へ

概要

河津城址公園(かわづじょうしこうえん)

「河津城址公園」は、河津駅から30分の位置にある標高181mの城山の山頂にある公園です。

結構な急坂をクリアする必要があるのですが、河津市街地と桜並木を一望できることから、意外と訪れる観光客の多い隠れスポットになっています。

この場所は、足利の血を引く蔭山勘解由という武将により河津城が建てられていましたが、伊豆に侵攻してきた北条早雲の火攻めにより落城したという歴史があります。

その際に、水の代わりに兵糧米で火を消そうとしたが消し止められなかったようで、今でも山頂を掘ると焼かれた米が出てくるんだとか。

そして、この焼き米を家畜に食べさせると病気しないんだそうです。

以下、河津町観光協会HPからの引用文です。

城山は河津駅の東北にあリ、山頂に大日如来を祀ってあるので大日山とも呼ばれる高さ181mの山である。かつて足利氏の血をひく蔭山勘解由によリ築かれた河津城があったが、北条早雲に麓から火攻めにあい、水がないので兵糧米で火を消そうとしたが消し止めらねず落城したという。今でも山項を掘ると焼き米が出てくる。この焼き米を牛馬に食べさせると病気をしないと言い伝えられている。

引用:河津町観光協会HP

なお、道中は途中から普通の山道となります。訪れるなら、トレッキングシューズかスニーカーが良いでしょう。

当然、電灯も無いので、夜景狙いでしたら足元を照らすヘッデンかハンドライトも忘れないようご持参ください。

暗闇の中で足を挫いても、這って行けば街中に到着できる距離ですが、かなりみっともないと思うので、準備はおろそかにしないのが良いでしょう。

この場所から河津方面に降って桜並木を歩いた過去記事もありますので、こちらも参考にしてってもらえたら嬉しいです。

三筋山(みすじやま)

「三筋山」は、静岡県の東伊豆町白田にある標高821mの里山です。

海すすきで有名な稲取細野高原のエリア内にあり、東から南方面にかけて、ススキの草原越しに伊豆の島々を眺めることができます。

逆方面となる西から北にかけては、天城三筋山遊歩道に沿って並ぶ風力発電群と、その先に広がる天城の山々も楽しめます。

そして、山頂含め周囲にはパラグライダー発着場が多数設定されていることから、風の穏やかな日には気持ちよく空中を舞うパラグライダー達を見上げることもできます。

非常に開放感のある気持ち良い高台なのですが、公共交通機関には恵まれておらず、どのルートを使っても3時間ほど歩く必要があるのが唯一の難点でしょうか。

毎年10月ごろに開催される、秋イベントの期間のみ東海バスより臨時便が出るので、気軽に立ち寄りたい場合は、秋口のこのイベントを狙ってみると良いかと思います。

秋のすすきイベントに訪れた時の様子は別の記事にまとめてます。こちらも参考にしてみてくださいね。

関連リスト

イベント告知をしている稲取細野高原公式HPのリンクを載せておきます。プランニングの際にご活用ください。

今回の山行上でのポイント

地図上の位置と標高

今回の山行で歩いた場所について、地図上の位置、標高です。

「Download file」のリンクからGPXデータとしてダウンロードできます。

ご自由にご活用ください。

合計距離: 28509 m
最高点の標高: 828 m
最低点の標高: -3 m
累積標高(上り): 2066 m
累積標高(下り): -2065 m
総所要時間: 09:36:51
Download file: climbing-record-20230225.gpx

歩いた軌跡

続いては、GPSデータを元にした軌跡です。

市販の地図

今回の山行ルートが掲載されている市販の地図も載せておきます。

本来であれば、国土交通省国土地理院のサイトから2万5千分の1地形図を購入、印刷して持参するのが正しい在り方ですが、毎回それだと面倒なので、紙面の地図は5万分1の市販地図をザックに入れて持って行くことにしています。

わたしの山行でのメイン地図はGPSアプリに移っており、紙面地図は予備扱いなため、今のところこの運用で困った事態には陥っていません。

ただ、読図の勉強をちゃんとしたい場合は、2万5千分の1地形図を購入した方が良いです。

5万分の1の等高線は荒すぎて地形把握には、ほぼ役に立たないのでご注意くださいね。

おすすめ展望ポイント

今回の山行ルート上の展望ポイントは、次の通りです。

展望の楽しめたポイント
  • 河津城址公園
  • 管理用道路との合流地点手前
  • 三筋山山頂
河津城址公園

今回の山行ルート上の展望ポイントの一つ目は「河津城址公園」です。

ここからは、河津市街地の中心を通る河津川を辿る形で桜並木の様子を俯瞰できます。

当然、河津の市街地も眺めることができるので一粒で2度美味しい的なポイントです。

そして、タイミングが合えば、河津駅に入っていく電車も眺めることもできます。

河津駅から30分もあれば登れてしまうので、とてもお手軽に訪れることのできる場所ですが、途中の急坂は短いながらもなかなかのものがあります。

天城登山や伊豆稜線歩道の縦走帰りにふらっと立ち寄るつもりの時は、その時の疲労具合と相談して訪れるようにしてくださいね。

下山の階段で足をもつれさせて転倒したりするのは、ちょっと恥ずかしいのでご注意ください。

ギャラリー

道中にある河津城の説明文。山頂にもあったのですが、木造だったためか痛んで倒れてしまっていたので、こちらでご確認ください

公園内にも河津桜の木がいっぱいあるので、ここでもお花見を楽しめます。
満開。満開。
奥には、展望台も設置されています。眺めはこちらでお楽しみください。
そんなわけで、肝心の眺めです。まずは河津川の河口から。ちょっと木々が邪魔ですが、河口へ続く桜並木や駅の様子が確認できます。また、海へ目を向けると伊豆諸島の島々が楽しめます。
こちらは河津町役場付近でしょうか。河川敷に沿って伸びるピンクの帯が綺麗です。
さらに奥へ。永遠と伸びる桜並木の様子。河津桜は町内に8,000本、河川敷には850本あるそうです。すごい規模ですよね。
今回は、夕暮れ時に再訪してみたので、その時の様子も載せておきます。なかなか絵になりますよね。
日が暮れた後は、夜景ポイントとしてもいい感じでした。ただし、道中に灯りは無いのでヘッデン必須です。ご注意ください。

朝夕版と動きある眺めは、Instagramの次の投稿たちをご確認ください。

管理用道路との合流地点手前

今回の山行ルート上の展望ポイントの二つ目は「管理用道路との合流地点手前」のポイントです。

言葉にするとわかりづらいので、地図に示した位置を参考にしてみてください。

この場所は、パラグライダーの離陸ポイントになっていて、タイミングが良いと飛び上がる瞬間のパラグライダーを眺めることができます。

三筋山山頂からは死角になっている河津川の河口付近や鉢ノ山、観音山方面への眺めに優れています。

もちろん、海への眺望も抜群なので、今井浜海岸から登ってくる時には、足を止めてぐるっと眺めを楽しんでくださいね。

ギャラリー

対象の広場には、風を測る吹き流しが立ってます。
ちょっと傾斜があるので、ここからパラグライダーが飛び立っていくみたいですね。過去、一回だけ飛び立つ瞬間に立ち会うことができました。
三筋山の山頂からだと、死角になってしまう河津川の河口付近を眺めることができます。
今井浜フライングスクールから飛び立つパラグライダーも眼下に見ることができるので、結構、目に楽しいんですよ。
そして、鉢ノ山や登り尾のある方向です。
鉢ノ山に寄せてみました。右肩のソーラーパネルが景観クラッシャーになってますが、綺麗なお椀型をしているのがよくわかりますね。
観音山、登尾と続く尾根筋も眺めることができます。

動きある眺めはInstagramの次の投稿をご確認ください。

三筋山

今回の山行ルート上の展望ポイントの三つ目は「三筋山山頂」です。

標高は1,000mに届きませんが、海に近い高台で、伊豆大島を正面に伊豆諸島の島々を俯瞰できます。

加えて、南伊豆のゴツゴツした海岸線やその先の太平洋の広がりを体験することもできます。

伊豆の内陸方面に視点を転じれば、大きな風車達の先に八丁堀のピークとそこから連なって伸びる天城連山の高所を眺めることもできます。

非常に開放的で気持ち良い場所の割に、訪れる人が少ない静かな場所なので、お天気が穏やかな日を狙って訪れてみてくださいね。

ギャラリー

「三筋山」山頂には、こんな展望台が立っています。
山頂の看板はこの中にあるので、記念撮影は展望台に上がってするのがおすすめです。
せっかくなので、展望台から見える眺めをのせていきます。まずは、伊豆大島や利島への眺めです。眼下には稲取ゴルフクラブと浅間山が見えてます。
こちらは南の下田方面。かすかに神津島もみえてますね。
河津の街並みや周辺の里山は死角になってみえませんでした。
北に見えるのは、尾根筋に設置されている風力発電機群に八丁池周辺の山々になります。
天城連山も至近に眺めることができます。
展望台足元には、パノラマガイドが立ってます。海を眺める時の参考にしてくださいね。

動きある眺めはInstagramの次の投稿をご確認ください。

注意した方が良さそうな区間

今回の山行ルート上で、注意したほうがよさそうな区間は、特にありません。

強いて上げるとすると、混雑する河津川沿岸の並木道での人との接触でしょうか。多くはありませんでしたが、缶ビール片手に歩いている方も少なからず見かけましたので、変なトラブルに巻き込まれたりしないようご注意ください。

注意した方が良さそうな区間
  • 特に無し

今回の山行での服装

今回の山行では、次のような服装の組み合わせを持参していきました。

同じ時期に赴かれるときの参考にして見てください。

山行中のコンディション

  • 天候晴れのち曇り
  • 気温:8〜11℃
  • 活動場所:標高0〜800m

行動時の組み合わせ

  • ベースレイヤー:半袖Tシャツ
  • ミドルレイヤー:薄手の長袖Tシャツ
  • アウター:ソフトシェル
  • ボトムス:薄手の長ズボン、厚手のソックス
  • その他:手ぬぐい、ネックゲーター、薄手の手袋

夕暮れ停滞時の組み合わせ

  • ベースレイヤー:半袖Tシャツ
  • ミドルレイヤー:薄手の長袖Tシャツ
  • アウター:薄手のフリース、ソフトシェル
  • ボトムス:薄手の長ズボン、厚手のソックス
  • その他:手ぬぐい、ネックゲーター、薄手の手袋

公共機関移動時の組み合わせ

  • ベースレイヤー:半袖Tシャツ
  • ミドルレイヤー:薄手の長袖Tシャツ
  • アウター:薄手のフリース、ソフトシェル
  • ボトムス:薄手の長ズボン、厚手のソックス
  • その他:薄手の手袋

今回は、暑くなりそうな日差しのスタートとなったので、三筋山の稜線に出るまでは半袖で行動していました。

稜線に出てからは、海から吹き付ける風で急激に体温が下がっていったので、急いで薄手の長袖Tシャツとソフトシェルを纏って凌ぐこととなりました。

河津城址公園に戻った時には夕暮れを迎えており、海からの強風もさらに勢いを増してきたように感じたので、薄手のフリースも追加して夜景を楽しんで下山しました。

公共機関での移動も、夕暮れの滞在時と同じ組み合わせでしたが、足元が少し肌寒い感じ以外は寒さを感じることなく帰宅まで過ごすことができました。

伊豆方面に限らず、都内でもダウンジャケットは無くても行けそうな感じになってきました。

以下の記事にわたしが里山登山に使っているウェアの具体的な品名や組み合わせについてまとめていますので、詳細知りたいようでしたら合わせて読んでみてください。

あなたが、同じ時期の同じ界隈に赴くときの参考になれば幸いです。

ギャラリー

出発時点の温度です。10℃を少し超えたくらい。街中は風が弱かったので半袖でも十分でした。
「三筋山」山頂付近での気温。ちょっと下がって9℃といったところでしょうか。風が強いので体感温度はもっと低くて防風着が無いと震えがきました。
夕暮れ時の「河津城址公園」での気温。ここも9℃ぐらいですが、海際の高台で風は強いわ、日が暮れて日光パワーも無いわで、ダウンジャケット持って凝ればよかったと思うくらいに寒かったです。

山行の記録

ここからは、今回の山行について述べていきます。

アプローチ

今回は、伊豆急行線「河津駅」からスタートとしたので、「東京駅」からのアプローチは次のとおりでです。

  • 「東京駅」から、JR東海道本線で「熱海駅」へ
  • 「熱海駅」から、JR伊東線に乗り継いで終点「伊東駅」へ
  • 「伊東駅」から、伊豆急行線に乗り継いで「河津駅」へ

今回の乗り継ぎパターンで、おトイレに立ち寄るとしたら「河津駅」が最適です。

場所は、バスローターリー側の構外に出てすぐを左手に進むとあります。

桜まつり期間中ということで、電車が到着した直後は長蛇の列ができるトイレですが、10分もすればガラガラになるので、身支度しながら空いてくるのを待っているのが良いと思います。

まつりの期間限定ですが、駅構外のおトイレを通過した先にある、河津町商工会館の2階トイレも開放してくれているので、緊急時には活用してください。

身支度については、駅の改札を出てすぐの待合所やバス停に設置されているベンチをお借りすると良いでしょう。

ギャラリー

東京駅からJR東海道本線沼津行きの始発に乗っていきます。ここでは熱海駅での乗り換えを考えて、最後尾よりの車両に乗っておきます。
熱海駅からはJR伊東線にお乗り換えです。
一番ホームJR伊東線の奥に、熱海駅構内のおトイレがあります。「河津駅」まで30分以上かかるので、不安な時にはこちらにお立ち寄りくださいね。
「伊東駅」から伊豆急行線にお乗り換えなのですが、乗り換え時間がタイトなこと、乗り換え客がいっぱいなことが重なって写真は撮れませんでした。代わりに、伊豆急行線から見える伊豆諸島の凡例を載せておきますね。
凡例だけじゃ物足りないので、実物の映像も載せておきます。まずは、伊豆大島。
左から、利島、鵜渡根島、ちょっと離れて、三宅島、新島、更にはなれて右の端っこにうっすら神津島といった並びです。
「河津駅」に到着です。普通に朝のラッシュ状態で、改札に向かいます。
まずは、バスロータリー側の出口を出て左折。おトイレに向かいます。
結構、早いタイミングに改札を抜けたつもりだったのですが、がっつり並んでたので、先に身支度を整えることにしました。
空いている、ベンチをお借りして、荷物を広げます。一通り準備堕整うころにおトイレも空いてきたので、そっちも済ませます。
諸々準備が整ったら、この奥にある道を進んでいきます。

伊豆急行線「河津駅」〜河津城址公園

身支度が整ったら、バスローターリーを抜けていきます。

電車の高架下を潜ったら、すぐ右手に「河津城址公園」の案内が立っているので、それに沿って進みます。

民家の間を進んでいくと、山道に入り林の中を登っていきます。

途中で「今井浜海岸」への分岐に出くわしますが、ここは、城山山頂へ進みます。

しばらく進むと視界が開けて、急坂エリアに入ります。

急坂の次は急階段と勾配の激しい道を辿っていくと、山頂まえの広場「河津城址公園」に到着です。

この場所は、河津の街並みや桜並木を俯瞰するに最適な場所ですが、この公園の敷地内も桜の木がたくさん植えられているので、ここの桜も一緒に楽しんでいくと良いでしょう。

山頂は、一段高いところにあります。

米俵のギミックがおいてあるので、それを目安にすると良いでしょう。

気の済むまで桜鑑賞を楽しんだら、登ってきた道を反対方向に降って「今井浜海岸」に向かいます。

ギャラリー

道に入ってすぐにある河津町商工会館。まつりの期間中だけだと思うのですが、正面ドアが開放されていて2階のおトイレが使えるようになってました。危険が危ないときにはこちらを使わせてもらいましょう。
商工会議館を通過して左を眺めると、これから向かう「河津城址公園」が見えました。山頂あたりがピンクに染まっているのわかりますかね。
真っ直ぐ進んでいくと十字路がみえてくるので、ここを左折します。
高架下を潜るとすぐに
右手に入る道があるので、入ります。
桜の木の下にある分岐は右へ
ここの桜も満開でした。
行き止まりの民家の脇をすり抜けて
山道を進みます。
この辺りは日差しが入らないので、ちょっとぬかるんでいるかもしれません。滑らないように。
階段を登ると
分岐があるので、城山山頂方向へ曲がります。
真っ直ぐ進むと「今井浜海岸」へ抜けられます。城址公園のあとは、こっちから海岸に向かう予定です。
河津城の説明文を通過すると
木々の伐採地に入ります。
急坂を登って
急階段を登ります。
途中の東家からは、今井浜海岸方面の眺めと
河津の河口が見えました。
更に登っていくと
「河津城址公園」の入り口に到着です。
この公園は、中央に子供用の相撲場があるのが珍しいです。
方位盤も年季がはいっていました。
展望図も、これまた年季ものです。
展望台の反対側の高台に登ると
米俵のギミックののっているヤグラがあり
その向かいに山頂の案内が立っています。
山頂の高台から見下ろすと、こんな感じになっています。ベンチがいっぱいあるので、眺めを楽しみながら休憩するのも良いですね。
気が済むまで滞在したら、次の目的地「今井浜海岸」へ向かいます。

河津城址公園〜今井浜海岸

「河津城址公園」を後にして、分岐を「今井浜」方面に進むと、片瀬山山頂への分岐が見えてきます。

立派な柵が設置された整備された道に見えるのですが、入り口は閉鎖されていて進めません。

この日はスルーしましたが、帰宅後にネットで調べたところ、通れないことは無いけれど山頂には電柱が立つだけで展望も無いとのことでした。

その後、石畳の坂を降りていくと民家脇の道に出るので、道なりに降りていきます。

車の音がはげしくなってたところで国道135線に合流です。

左折したすぐにある「今井浜海岸」に向かう脇道に入り、海に向かってすすでいくと「今井浜海岸」に到着です。

しばし、波の音で癒されてから、先に進むことにしましょう。

ギャラリー

「河津城址公園」を後にして、「今井浜海岸」へ向かいます。
分岐まで降りてきたら、「今井浜」方面へ。
お仏像様が道中を守ってくれてます。
一つ坂を登ると、片瀬山の山頂への道がありますが、通行止めになっていて入れません。
見る感じ整備はされているみたいだったのですが、今回はスルーです。
苔のついた滑りやすい石畳を降っていくと
コンクリートの道に合流します。
道なりに降っていくと
村落に出て
更に降ると国道135号に合流するので、横断歩道を渡ってから左折します。
「今井浜海岸」へ降りる分岐に入っていきます。
桜の咲き誇る車道を抜けると
「今井浜海岸」に出る分岐があるので、海岸に向かいます。
「今井浜海岸」に到着です。しばし、寄せては返す海岸線を眺めながら一息着くこととします。

今井浜海岸〜今井浜フライングスクール

「今井浜海岸」を後にし少し進むと、オーシャンビューで有名な露天風呂、舟戸の番屋がみえてきます。

午前9時から営業しているとのことで、すでに車が何台か泊まっていたのが印象的でした。

舟戸の番屋、今井浜の民宿街、伊豆急行線の踏切と順々と通過していくと、徐々に山中の村落といった雰囲気の道を進むことになります。

以前通過したときは、交通量はそうでもなかったのですが、この日はかなりの交通量があって、狭い通路で都度、足を止めることを余儀なくされました。

河津桜まつりの裏道にでもなっているのでしょうか。

そんな中、2時間ほど車道歩きを続けていくと、天城三筋山遊歩道の案内が見えてきます。

そのまま車道歩きをつづけていくと、オフシーズンの小ぶりなスキー場風の芝生が綺麗な広場がみえてきて「今井浜フライングスクール」に到着です。

天気が穏やかな日には、たくさんのパラグライダーを眺めることができます。

この日も、いくつかのんびり飛んでいるところを眺めることができました。

ここからは、稜線に並ぶ風力発電機たちが見えるので、山頂まであと少しに思います。

実際には、ここから1時間30分ほどは歩く必要があります。

まだ、もう少し先があるので、気合いを入れ直して進むことにしましょう。

ギャラリー

「今井浜海岸」を後にしたら、今井浜の民宿街に向かいます。
舟戸の番屋が見えてきました。ここは、オーシャンビューな露天風呂に入れるそうですが、洗い場が無いようなので、汗まみれになる登山帰りに立ち寄るにはちょっと不便で利用したことがありません。評判はいいみたいなので、汗をかいていないときに立ち寄ってみようかと思います。
舟戸の番屋前の砂浜です。ここもぼーっと波音を聞きながらのんびりするのに良さそうでした。
砂浜を過ぎると、民宿街がみえてきました。一旦、橋を渡って
内陸のほうへ向かいます。
民宿の間を抜けて
更に抜けて
もういっちょ抜けていくと
踏切があるので渡ります。
まっすぐな線路を眺めてから先に進みましょう。
ここからは農家が続きますが、庭にさまざまな木が植えられていてさまざまなお花を楽しめます。
まずは河津桜です。
何年生の木々なのか不明ですが、かなり大ぶりな木で桜の花がいっぱい咲いていました。
足元の菜の花も見頃を迎えていました。
開花の時期が被る梅花も咲いていて
お花では無いですが、みかんも立派な実をつけていました。
農家の隙間を進んでいくと
ピンクの建物が見えてきました。
ピンクの建物を通過すると分岐があります。ここは真っ直ぐ行きます。ちなみに、左折すると河津町へ出れるようで、結構な交通量がありました。
しばらく道なりにすすむと
少し見晴の良いところに出てきます。
これから向かう「三筋山」の風力発電機達も見えてきました。
橋を渡って
十字路を直進します。
なお、道中は「今井浜フライングスクール」の案内が至る所にあるので、これを目安に進むと良いでしょう。
みかんの路上販売がありました。一袋で100円と大盤振る舞い。傷んでいるのは無料でした。