山行の記録|南伊豆波勝崎で野生猿を眺めてから子浦まで歩いてきました

山行

南伊豆町の波勝崎はがちざきといえば、2020年にクラウドファウンディングで復活した波勝崎モンキーベイが有名です。

南伊豆の散策を始めて、いろんなところで看板を見る機会があったので、興味本意で訪れてみました。

たまたまタイミングが良かったのか悪かったのか、波勝崎モンキーベイに向かう途中の道路の方が野生猿との遭遇率が高かったのですが、綺麗な海と野生猿の珍しい組み合わせを楽しむことができました。

その後は、ついでのウォーキングということで伊浜海岸経由で子浦日和山こうらひよりやま遊歩道を通過して子浦港まで歩いて帰ってきました。

石廊崎いろうざきやタライ岬、爪木崎つまきざきのように大海を望む絶景というシチュエーションとはなりませんが、火山岩剥き出しの荒々しい岸壁や岩礁を眺めるには良いウォーキングルートです。

興味深い野生猿や海への展望を楽しみつつお散歩できるルートに興味ありましたら、是非、今回の記事を最後まで読んでいただき、参考にしてみてくださいね。

基本情報

まずは、今回の山行についての基本情報です。

山行の基本情報

日付:2023/8/19

天候:晴れ

エリア:伊豆エリア

コース概要:

東海バス「波勝崎口停留所」〜波勝崎モンキーベイ〜伊浜海岸〜落居口〜ひよみの灯跡〜三十三観音〜東海バス「子浦停留所」

難易度:体力☆☆、技術☆、危険☆

交通機関:

(往)伊豆箱根鉄道駿豆線「修善寺駅」から、東海バスで「波勝崎口停留所」へ向かい、スタート

(帰)「子浦停留所」から、東海バスで終点「下田駅停留所」へ向かい、伊豆急行線「下田駅」から帰路へ

概要

波勝崎モンキーベイ(はがちざきもんきーべい)

波勝崎はがちざきモンキーベイ」は、静岡県南伊豆町にある野生猿の観光スポットです。

個体数300匹と言われる東日本最大級の野生猿の生息地にある動物園で、自然のままに放し飼いにされた猿たちを間近に観察できる、国内でも珍しい体験型観光スポットとして運営されています。

元々は「波勝崎苑」という動物園だったのですが、2019年9月に財政難により閉園してしまったことで、その後釜としてできたという誕生時から珍しい施設になっています。

「波勝崎苑」は野生猿による現地農作物への被害を抑えるため且つ、害獣として駆除されないようにするために、餌付けをすることで猿の生命を守っていた一面があり、その役割を引き継げる施設を作るため、河津町にある爬虫類体幹型動物園iZooを運営する有限会社レップジャパンが音頭を取って、クラウドファウンディングにより資金を集め、「波勝崎モンキーベイ」として2020年5月に再生スタートさせたようです。

実際に訪れてみた感じとしては、施設は真新しく綺麗で、その割には観光客が少なくて、ゆっくりのんびり猿の親子に癒されることができました。

反面、公共交通機関によるアクセスはすこぶる悪く、一番近いバス停「波勝崎口停留所」まで徒歩で1時間掛かる上に、車道にも野生の猿たちがたむろしているので、徒歩で通過するには少々度胸がいるといった注意点がありました。

ただ、視線さえ合わせなければ、興奮して襲ってくるようなことは無かったので、猿たちは気にせずに颯爽と通過してしまえば問題無いのかもしれません。

関連リンク

波勝崎モンキーベイの公式HPを載せておきます。入園料や開園時間などの最新情報はこちらからご確認ください。

子浦日和山遊歩道(こうらひよりやまゆうほどう)

子浦日和山こうらひよりやま遊歩道」は、静岡県南伊豆町にある子浦漁港から落居口停留所までの間を歩く、全長約2kmの遊歩道です。

山の名前が入っていますが、山頂には通じておらず遊歩道通しての高低差も100m程度となっています。

歩行距離や高低差をみると気軽に散歩できそうな道に思えますが、海側に切れ落ちた急坂を通過したり、足元不安定な岩礁地帯を通過したりと、少々難易度は高めです。

できれば、グリップ力のある登山靴やトレッキングシューズで赴くことをお勧めします。

また、短い区間ながら多くのスポットに恵まれており、昔の灯台であるひよみの灯の跡地やころばし地蔵のある地蔵鼻、内陸に入り込んだ湾内を見下ろせる鏡鼻に、頭上を覆う岩壁の足元に並ぶ三十三観音と飽きのこない遊歩道となっています。

標準コースタイムは1時間程度ですが、プランニングする際は十分に余裕を持たせて、各所をじっくりと回れるようにしておくと良いかと思います。

関連リンク

南伊豆町の公式HPに「子浦日和山遊歩道」のルートマップがありましたので載せておきます。PDFファイルとしてダウンロード可能なので、訪れる際は印刷して持参していくと何かと重宝することでしょう。

今回の山行上でのポイント

地図上の位置と標高

今回の山行で歩いた場所について、地図上の位置、標高です。

「Download file」のリンクからGPXデータとしてダウンロードできます。

ご自由にご活用ください。

合計距離: 18083 m
最高点の標高: 230 m
最低点の標高: 1 m
累積標高(上り): 1314 m
累積標高(下り): -1510 m
総所要時間: 06:56:42
Download file: climbing-record-20230819.gpx

歩いた軌跡

続いては、GPSデータを元にした軌跡です。

市販の地図

今回の山行ルートが掲載されている市販の地図も載せておきます。

本来であれば、国土交通省国土地理院のサイトから2万5千分の1地形図を購入、印刷して持参するのが正しい在り方ですが、毎回それだと面倒なので、紙面の地図は5万分1の市販地図をザックに入れて持って行くことにしています。

わたしの山行でのメイン地図はGPSアプリに移っており、紙面地図は予備扱いなため、今のところこの運用で困った事態には陥っていません。

ただ、読図の勉強をちゃんとしたい場合は、2万5千分の1地形図を購入した方が良いです。

5万分の1の等高線は荒すぎて地形把握には、ほぼ役に立たないのでご注意くださいね。

おすすめ展望ポイント

今回の山行ルート上の展望ポイントは、次の場所になります。

展望の楽しめたポイント
  • 喚声台
  • 波勝崎海岸
  • ひよみの灯跡
喚声台(かんせいだい)

今回の山行ルート上の展望ポイントの一つ目は「喚声台かんせいだい」です。

波勝崎口停留所から、波勝崎モンキーベイに至る道の途中にある展望台で、伊波海岸を見下ろす絶景を楽しめる場所になっています。

なお、面白い名前の由来は、現地の案内板に記載されています。

以下に引用します。

この地は伊波平造と言う地名である。然し、昭和41年3月吉日、東京芸術大学名誉教授故林武画伯が伊豆の風景画制作の為、適地探索に訪れ、現地にて開かれた海岸美の眺望に思わず喚声をあげたことにより生まれた名称です。

引用:現地掲載の案内板

現地には丸太の椅子が設置されていますので、しばし佇むにも適しています。

是非、立ち止まって喚声を上げてくださいね。

ギャラリー

「喚声台」からの眺めです。喚声というよりは、感嘆の声が出ちゃいますね。
名前の由来も置いてあります。
遠くから見ていくと、遥か彼方に南伊豆の風力発電機たちが見えて、そのすぐ下に子浦漁港と妻良漁港のある入江が少しだけ見えます。真ん中に小島があるあたりは落居海岸になるはずです。そして、岬を挟んで一番手前の堤防で括られているあたりが伊浜漁港となります。
更に手前に目を落とすと、長く伸びる伊浜海岸が見えています。
沖の方には、王蟲みたいな形の宇留井島もみえていました。
現地には、椅子が設置されているので、腰掛けて風景を描いても大丈夫な場所でした。描けないですけどね。

Instagramにアップしたこの場所のプチ動画です。一緒に眺めていってくださいね。

波勝崎海岸(はがちざきかいがん)

今回の山行ルート上の展望ポイントの二つ目は「波勝崎海岸はがちざきかいがん」です。

波勝崎モンキーベイの敷地内にあるため、入園料を支払わないとたどり着くことができませんが、素晴らしい海への眺望を楽しめる場所でもあり、熱水により黄白色に変色した岩石の間からコバルトブルーの水平線を眺めることができます。

周囲に戯れるお猿さんたちと一緒に、海への眺めも楽しんでみてくださいね。

ギャラリー

波勝崎海岸は、駐車場付近からだと遠くて全くみえません。じっくり楽しむには、入園料を支払って園内に降りていく必要があります。
一番奥までくると、こんな感じに、黄白色の岩礁が眼につく海岸を眺めるjことができます。
北側の岩壁の方が、日が当たって発色がよいですね。
反対側はこんな感じです。
海面まで降りられる道があったのですが、落石で立ち入り禁止になっているようです。残念。

Instagramにアップしたこの場所のプチ動画です。一緒に眺めていってくださいね。

ひよみの灯跡

今回の山行ルート上の展望ポイントの三つ目は「ひよみの灯跡」です。

日和山遊歩道の途中にある断崖絶壁上の草原で、妻良港を一望できる非常に気持ちの良い展望台となります。

一番の高台にはベンチが2基設置されており、港から出入りする漁船やカヤックで遊ぶ人々を眺めて過ごすには最適です。

落居口停留所側からであれば、アップダウンも少なく、20分も歩けば到着できるので、子浦や妻良に立ち寄った時には、是非、寄り道していってくださいね。

なお、読み方はわからなかったので宿題です。

ギャラリー

「ひよみの灯跡」です。海から吹き付ける風が強いですが、素晴らしい眺めを楽しめます。
入り江の反対側は妻良漁港です。
ズームにするとこんな感じ。なかなか栄えています。
沖へ向かう漁船が一艘。
追いかけるようにもう一艘出ていきました。
横を見ると、すぐ近くにすごい迫力の岩壁がありました。後でしらべてみたら、これが蛇下りのようです。海に出なくてもこれだけ近くで観察できるんですね。
もう一段上にもベンチがあって、そこまで登れば隠れていた堤防も見通すことができます。ほんと飽きない場所です。またこなきゃ。

Instagramにアップしたこの場所のプチ動画です。一緒に眺めていってくださいね。

注意した方が良さそうな区間

今回の山行ルート上で、注意したほうがよさそうな区間は、特にありません。

強いて挙げれば、車道を進む区間が数ヶ所あるので、その際、行き来する車に注意する程度となります。

注意した方が良さそうな区間
  • 波勝崎モンキーパーク周辺
  • ころばし地蔵付近
波勝崎モンキーパーク周辺

今回の山行ルート上の注意区間の一つ目は「波勝崎モンキーパーク周辺」です。

道のコンディションは悪く無いのですが、このエリアは野生猿が放し飼いにされており、かなり遭遇率が高い状況でした。

しかも、10匹単位の集団で車道にたむろしているので、通過しようとすると、一部の個体に接近する必要があります。

視線を長く合わせたり、カメラを長く向けていたりしなければ、まず襲ってくることはありませんが、やっぱり少し怖いものはあります。

また、野生の猪も出没するようで、よく周囲を確認しつつ進むようにしてくださいね。

ギャラリー

波勝崎方面へ向かうこの分岐を折れたら、そこから猿の王国です。
5分も歩かないうちに、10匹程度の集団と遭遇しました。そのうちの1匹が足元まで10cmぐらいの距離を通りすぎていきました。普通にビビります。
道路に寝そべって毛繕いしている個体もいました。後ろから車両が入ってきたのですが、この子達がまったく動かず、ドライバーがめちゃめちゃ難儀してました。
そうしているうちに、どんどん個体数が増えてきて更に身動きがとれなくなってました。下手に猿たちを興奮させて襲われるのも怖かったので、追い払ったりせずに、早足で通過させてもらいました。
波勝崎モンキーベイの駐車場近くにたっていた警告文。ちゃんと「サルに注意」と書いてありました。

ころばし地蔵付近

今回の山行ルート上の注意区間の一つ目は「ころばし地蔵付近」です。

子浦日和山遊歩道上に存在する海に突き出た岩礁、地蔵鼻にあるころばし地蔵の周辺は、海抜が0mに近く、入江の外にあることから、海が荒れているときに訪れるのは危険を伴います。

また、海側が切れ落ちた細い道も多く、通過する際には足元に注意しつつ進む必要があります。

そして、岩礁地帯なために、足跡がはっきりとせず誤ったルートを進んでしまうリスクもありました。

実際に、今回の山行では、誤ったルートに入り込んでしまい、ころばし地蔵とは全く逆側にたどり着いてしまいました。

このため、訪れる前には、しっかりと予習してから向かうのが良いかと思います。

ギャラリー

この案内図から分岐していくルートが、分かりづらくて、滑りやすい、注意が必要な区間になります。
降り坂には降りやすいように石階段が設置されているのですが、だんだんと前方向に傾斜がついてしまい、むしろ滑りやすい坂になってしまってました。
坂を降り切ると、浜辺に出られるのですが、普通に膝まで浸かりそうな深さがあるので水着を着ていないようなら海水に落ちないように進む必要があります。
ここから、進む方向を間違えたため、無駄に危険なルートを進むことになりました。
まっすぐ進むと、このオーバーハングしている岩壁の下を通らざるをえなくなくなります。
なるべく、左側の岩壁から離れて歩きたかったのですが、右側も断崖絶壁なので回避できず、早足で通過するしか取るべき手段がありませんでした。
ボルダリングウォームの様に無数の大石がへばりついている傾いた岩壁の足元をそろりそろり通過します。
おっかなかったですが、覆い被さる岩壁を見上げてみました。今にも落ちてきそうで早足に通過ます。
岩壁の間を通過した後に振り返ってみました。エラいところをすり抜けてきたなと思うと同時に、またここを通って戻らないといけないのかとちょっと凹んでしまいました。しかも、誤った道だったし。
こんな感じに、迷いやすい場所なので、事前の調査は念入りに、そして、訪れる際には時間的余裕も十分にとっておくようにした方がよいですね。

今回の山行での服装

今回の山行では、次のような服装の組み合わせを持参していきました。

同じ時期に赴かれるときの参考にして見てください。

山行中のコンディション

  • 天候曇り
  • 気温:30〜32℃
  • 活動場所:標高0〜200m

行動時の組み合わせ

  • ベースレイヤー:半袖Tシャツ
  • ミドルレイヤー:無し
  • アウター:無し
  • ボトムス:薄手の長ズボン、厚手のソックス
  • その他:手ぬぐい、ネックゲーター、薄手の手袋、帽子

停滞時の組み合わせ

  • ベースレイヤー:半袖Tシャツ
  • ミドルレイヤー:無し
  • アウター:無し
  • ボトムス:薄手の長ズボン、厚手のソックス
  • その他:手ぬぐい、ネックゲーター、薄手の手袋

公共機関移動時の組み合わせ

  • ベースレイヤー:半袖Tシャツ
  • ミドルレイヤー:薄手の長袖Tシャツ
  • アウター:無し
  • ボトムス:薄手の長ズボン、厚手のソックス
  • その他:薄手の手袋

今回は、スタートからゴールまで半袖Tシャツで活動しました。

この日は日差しが強いだけでなく、湿度も高い日で海からの風も生暖かく、汗が止まらない状況でした。

適宜、水分補給して進むものの、30℃を超える気温でアスファルトの上を長期歩くのは半袖Tシャツでも少々きついものはありましたが、化繊の衣類は乾くのが早く、不快を感じる時間は短かったのは助かりました。

電車やバスの移動の際は、外気との温度差が大きく、一枚余計に羽織る必要あり、予備の衣類を持参してきた甲斐がありました。

以下の記事にわたしが里山登山に使っているウェアの具体的な品名や組み合わせについてまとめていますので、詳細知りたいようでしたら合わせて読んでみてください。

あなたが、同じ時期の同じ界隈に赴くときの参考になれば幸いです。

ギャラリー

歩き始め午前10時30分の気温は32℃。普通にしてても暑いですが、湿度がかなり高くて、更に深い指数が上昇する1日となりました。
波勝崎モンキーベイを出た正午ぐらいの気温も32℃。湿気が高すぎて段々と気持ち悪くなってきてました。熱射病を疑い、これ以降は帽子を被って凌ぎました。
子浦停留所にゴールした午後18時の気温も32℃。総じて、高い気温、高い湿度の1日でした。こういう日は、3,000m級の高地に赴いた方が良いかもしれませんね。

山行の記録

ここからは、今回の山行について述べていきます。

アプローチ

今回は、東海バス「波勝崎口停留所」からのスタートとしましたので、「東京駅」からのアプローチは次の通りとなります。

  • 「東京駅」から、JR東海道線沼津行きに乗り込み、「三島駅」へ
  • 「三島駅」から、伊豆箱根鉄道駿豆線すんずせんに乗り込み、終点の「修善寺駅」へ
  • 「修善寺駅」から、東海バス松崎行きに乗り込み、終点の「松崎バスターミナル」へ
  • 「松崎バスターミナル」から、東海バス下田駅行きに乗り込み、「波勝崎口停留所」へ

移動距離や運賃的には、伊豆急行線下田駅から東海バスに乗って移動した方が良いのですが、乗り継ぎが悪く「波勝崎口停留所」への到着時間が午後になってしまいます。

「修善寺駅」を経由するようアプローチを取れば、午前10時台に現地に到着できるので、活動時間を考えると、こちらの方が良いかと思います。

また、東海バス全線フリーパス2日券を購入すれば、300円程度ですが安く済ませることができるので、活用すると良いでしょう。

おトイレは、乗り換えポイントにそれぞれ存在していますが、修善寺から松崎間のバス移動が1時間30分と長いので、修善寺駅では必ず立ち寄っておいた方が良いです。

加えて、スタート地点「波勝崎口停留所」の周辺にも存在していないので、松崎バスターミナルでも待ち時間を使って済ませておくと良いだろうと思います。

身支度については、「波勝崎口停留所」に待合ベンチが無いので、道端で整える必要があります。

野生猿や猪に食料や衣類を取られないよう、周囲を警戒しつつ素早く済ませるようにしてくださいね。

ギャラリー

東京駅からJR東海道本線沼津行きに乗っていきます。
お天気は良さそうなんですが、この時間帯からジメジメほかほかしちゃってます。
三島駅での乗り換え想定なので、ホーム階段に近い後ろ側の車両に乗り込んでおきます。
三島駅到着です。階段を降りて南口改札へ向かいます。
改札途中におトイレあるので必要によりお借りしましょう。
都内からSuicaを使って訪れていたら、有人改札で精算が必要です。JR東日本とJR東海で管轄が跨ぐ乗り継ぎをすると自動精算できなくなるんですよね。今回は青春18きっぷを使っていたので、いずれにしろ有人改札から通過します。
駅を出たら、すぐ右に折れて南口のバスロータリーを突っ切ります。
伊豆箱根鉄道の三島駅に入ります。
ここではSuicaが使えません。紙の切符を購入して改札を入ります。
この日の電車はラブライブ号でした。
こんな感じに派手派手にラッピングされていて、外見は華やかなんですけど
車内からの眺めは、こんな感じにかなり制限されます。正直、ラブライブ知らん身からすると、マジかー。あーマジかー。って感じです。
ほぼ目隠し状態で30分、終点の修善寺駅に到着です。まっすぐ西口まで向かうとおトイレがあるので、寄り道していきます。
ここがおトイレです。まだまだ綺麗なので綺麗に使いましょう。
30℃超えの気温だからか、ミストシャワーが出ていました。見た目にも涼しげで良いですね。
おトイレを済ませたら、南口のバスターミナルへ向かいます。
タクシー乗り場を突っ切って
のりばを確認です。松崎行きは4番のりばですね。
ここで待ちます。
この日は、東海バスもラッピング車量でした。ゆめちゃん号というらしいです。
背もたれのカバーにも描いてあります。ほのぼのですね。
土肥港付近で見かけたところてん屋さん。西伊豆の名産品なんだそうです。漢字で書くと「心太」なんですね。最近知りました。
松崎のバスターミナルに到着です。
こんな配置になっています。この先「波勝崎モンキーベイ」までおトイレが無いので、立ち寄っておきましょう。
裏手にある建物がおトイレです。年季入ったおトイレですが、綺麗に使いましょう。
切符売場兼、待合所です。椅子が4つぐらい並んでます。中でバスを待っていることもできますが、窓口と距離が近くて落ち着かないので外で待つことにしました。
汗を拭き拭き10分ほど待っていると6番のりばに下田駅行きのバスが入ってきました。松崎から出る路線バスで、「波勝崎口停留所」に立ち寄ってくれるのは一日一便10時8分発のこのバスだけなので、なんとしても乗りこみます。
バスに乗って30分。「波勝崎口停留所」に到着です。野生猿が居ないことを確認したら、ザックをおろして身支度を整えてスタートです。

東海バス「波勝崎口停留所」〜波勝崎モンキーベイ

「波勝崎口停留所」を出発したら、一旦、松崎方面へ戻って、波勝崎への分岐に入ります。

ここからは、交通量が激減し、野生の猿を眼にする機会が増えてきます。

放し飼いにはなっていますが、人間には慣れていて、じっと目をみつめたり、カメラを向け続けない限り、真横を通っても知らん顔で寝そべっていると思います。

最初は恐る恐るになるとは思いますが、思い切って突っ切ってしまいましょう。

伊浜海岸へと向かう分岐を横目に進んでいくと、丸太を輪切りにして作った椅子が並べてある展望台に到着します。

ここが喚声台で、伊浜海岸を見下ろす展望スポットとなります。

ひととき立ち止まったら、引き続き車道を下っていきます。

しばらく進むと、進行方向右手に波勝崎歩道への分岐が見えてきます。

同歩道ですが、相次ぐ台風の影響で山道の崩壊が進んでいるようで、2023年8月現在、土嚢が積まれて通行禁止となっています。

更に進むと「波勝崎モンキーベイ」への近道と思われる山道が入り口を開けています。

この山道に入ることで、車道を歩かないで済むようにはなりますが、野生動物に出くわす可能性が高くなるので、どちらを進むのが安全なのかは定かではありません。

助けを求めやすいのは車道になると思いますので、どちらを歩くか判断つかないようでしたら、車道を進むのが良いでしょう。

九十九折りの坂道を降りていくと、大きな駐車場が見えてきて「波勝崎モンキーベイ」に到着です。

ここから先は有料エリアとなるため、波勝崎海岸に出るには入園料を払う必要があります。

先に、支払いを済ませてから園内の散策をお楽しみください。

ギャラリー

バス停に降りたら、少しだけ来た道を戻ります。
こんな分岐地点があるので、波勝崎に向かっていきます。
ここも国道になるのですね。道なりに降っていくと
野生猿の生息域に入っていきます。目線を合わせないように注意です。
伊浜への分岐が見えてきたら、波勝崎方面へまっすぐ進みます。
右へ左へスラロームして進むと
右手に丸太でできた椅子の並ぶ空間が見えてきて
「喚声台」に到着です。
時々、海が見えたりする道を降りていくと
波勝崎歩道の入り口を示す案内図が立っていました。
2023年8月現在、通行止めとなっていて、でっかい土嚢で閉鎖されています。
更に3分ほど降ると、波勝崎への近道があります。
最初のうちは石が多いだけの印象でしたが
こんな感じに一部崩れていたり
こんな感じに石で埋まった箇所があったりと、ちょいちょい歩きづらく、ほとんど時間短縮にはならない感じでした。
10分ほど降ると、駐車場がみえてきましたが、頭上からわりとしっかりした足跡が聞こえてきたので、急ぎ、駐車場へ避難しました。人間の大人が樹林体を歩いているときに出る足音に近い重量感だったので、猿ではなく猪だったのかもしれません。
駐車場に到着です。なかなか大きい駐車場です。
ここから先は有料エリアとなるので、受付でチケットを購入です。
電信柱の続く海への道を降ります。新海誠のアニメに出てきそうな雰囲気ありますね。無いですか。そうですか。
猿の置物がありました。
その向かい側には、大きな檻があって、数匹の猿が入ってました。お猿さんの病院的なやつなのかな。
5分ほど降ると海岸線が見えてきました。
撮影スポットに到着です。遠目に一枚撮っておきます。
建物の柵に群がる猿たち。この建物の中から、柵越しに餌を与えることができる仕組みのようです。外で餌出したりすると、猿が群がってきて強引に奪われるので、観光客に怪我をさせないための配慮なんだとか。
インターネットメディアの画像なんかだと、すごいいっぱい猿が映ってますが、実際に訪れてみるとポツポツとしか見当たりません。多分、暑すぎるんだと思います。
その証拠に、こんな感じに日陰で居眠りしているお猿さんが大部分でした。春秋の気候が穏やかな時なら、もっと活発に活動しているのかもしれませんね。
餌をやる建物の中にも入ってみました。お猿さん観賞用のベンチがあったり、おトイレや自販機が置いてありました。そのほか、写真には写していませんが、歴代ボス猿の写真やクラウドファウンディング支援者の名簿なんかが飾ってありました。
建物の中を除くお猿さん。なんだか、こちらが観察されてる感じですね。
30分ほど滞在したので、子浦方面へ向かうことにしました。
動きあるものを見てると飽きないですね。それでは、次の目的地「伊波海岸」へむかいます。

波勝崎モンキーベイ〜伊浜海岸

「波勝崎モンキーベイ」でお猿さんたちと戯れたら、次の目的地「伊浜海岸」へと向かいます。

本当であれば、「波勝崎モンキーベイ」から「伊浜海岸」に直接向かう道があるはずなのですが、この道も崩壊により2023年8月現在、通行禁止となってしまったので、「喚声台」近くの分岐まで戻ってから「伊浜海岸」へ向けて降っていきます。

1時間ほど海岸線を見下ろす車道を降っていくと、伊浜の集落に入り、更に降ると伊浜港に到着です。

ここの港は、入り江にはなっていないため、堤防によって区切られています。

堤防の内側は、波がほぼ無い状況のようで、家族連れの海水浴客数組が海遊びを楽しんでいました。

海岸線沿いには、長い車道が設置されていて波勝崎の近くまで続いています。

おそらく、この道のどこかが崩壊しているんだろうと思いますが、確認のために波勝崎付近まで逆方向に戻るのは億劫だったので、今回は子浦へ向かって進むことにしました。

ギャラリー

行きは近道の方を通ったので、帰りは車道を通ってみます。
伊浜海岸への直通ルートは、路肩崩壊で通行止めだそうです。仕方ないのでかなり大回りですが、「喚声台」まで戻ることにします。
駐車場を見下ろすと、段々と車も増えてきた様に感じます。
途中に、2グループほど野猿軍団と遭遇しましたが、不自然なまでに目線を逸らすことで、なんとか通過して「喚声台」まで戻ってきました。
そこから3分ほど歩くと、伊波方面への分岐路がみえてくるので、そちらへと折れていきます。
海を見下ろしながら、坂を下っていくと
ペンキで案内が書かれた分岐地点に到着。伊浜方面へ降ります。
集落がみえてきました。
住宅街を通過していくと
温泉岩風呂という文字が目につきました。日帰り温泉やってないかなとネットで調べてみたのですが、宿泊のみの様だったので、今回は通過です。
ちょっとした休憩ポイントがあって
バス停の手前の道を、海岸方面へ降りると
伊波の漁港に到着です。
ここは入江では無いので、高めの堤防で区切られている港になります。堤防内は波がほとんど入ってこないこともあり、小さい子供連れのファミリーが海遊びを楽しんでいました。
波勝崎方面に目を向けると、岬まで車道が続いていました。多分、ここのどこかの路肩が崩れてるんだろうと思います。
反対側は、断崖絶壁で、その上を車道が走っていました。
海岸線から戻って
伊浜停留所で少し休憩です。ここからは坂道を淡々と登っていきます。

伊浜海岸〜落居口

「伊浜海岸」を後にしたら、こんどは坂道を登ります。

少々キツめの坂道を1時間ほど登ると、路線バスの通る国道136号まで戻ったら、子浦方面へと進みます。

狭い路側帯を進むと、進行方向右手に南伊豆キャンピングテラスが見えてきて、更に30分進むと子浦日和山遊歩道の案内図が見えてきて、「落居口」に到着です。

遊歩道への入り口は、峠の茶屋というお店の脇になります。

「子浦」への道標が出ているので、それを目安に進んでください。

ギャラリー

なだらかですが、長く続く坂道を登っていきます。
海岸線を見下ろしつつ登っていきます。
このあたりは、頭上を遮るものが無いので直射日光が強烈でクラクラしてきます。
しばらく我慢して歩いていたのですが、段々と気持ち悪くなってきて、異様に喉の渇きを感じるようになったので、帽子を被ってしのぐことにしました。
伊浜の漁港を見下ろして、休憩を取ったら収まってきたので登り再開です。
無心に歩いていくと
ガソリンスタンドがみえてきて
路線バスの走る国道136号に合流です。このままバスで移動しちゃおうかなという誘惑もありましたが、1時間近く待つことになるので、諦めて歩くことにしました。
交通量が多くなったので、行き交う車両に注意しつつ進みます。
1時間ほど歩くと、右手にテントっぽい物体がチラつくのに気がつきました。
5分ほど進むと、すごく展望の良さそうなキャンプデッキがみえてきました。
南伊豆キャンピングテラスというキャンプ場だったようです。今度テント持って泊まりにきてみようかな。
キャンプ場を後に車道を進むと
子浦大浜停留所がありました。
ここからの眺めも大変素晴らしく
とんがった波勝崎の岬や
これから向かう子浦や妻良の港がある入り江の先っちょを見通すことができました。
くねくねした道を降りていくと
南伊豆歩道の見慣れた案内図が見えてきて
落居口に到着です。
子浦日和山遊歩道は、この峠の茶屋の脇っちょから進むことになります。
この道標が目印です。早速進んでいくことにします。

落居口〜ひよみの灯跡

「落居口」から遊歩道を進むと、まずは観音様が立っていますので通過します。

結構な数の廃屋の中の中を進み、短い樹林帯を抜けると、大きく海への視界が開けてます。

昔、灯台があったと言われている「ひよみの灯跡」に到着です。

ここからの眺めは、今回の山行の中では一番の眺めだと思います。

是非、長い滞在時間を確保して、気持ちの良い海への眺望を満喫していってください。

ギャラリー