山行の記録|リベンジ達成!雨の富士御殿場ルートを日帰りピストン登山

山行

9月になると富士山も冬支度の様相を呈してきます。

山小屋は徐々に戸締まりをはじめていき、普段はうるさいなと感じる発電機の音やブルドーザーのエンジン音、登山客たちの談笑の声も途絶えて物静かで厳しい山に様変わりしていきます。

そんな中、一度は途中敗退していた御殿場ルートの日帰り登山にもう一度チャレンジしてきました。

普段から人気の少ないルートですが、この時期になると更に人気が減って、静かで落ち着いた山行を楽しめるかと期待していましたが、天候の悪化でなかなか忙しい山行となりました。

そうは言っても、物静かなルートであることには間違いありません。

ゆっくりと静かな富士山登山をしたいと考えているあなた向きのルートと思いますので、今回の内容を参考にプランニングいただければ幸いです。

基本情報

まずは、今回の山行についての基本情報です。

山行の基本情報

日付:2021/09/05

天候:曇りのち雨

エリア:富士山エリア

コース概要:富士急バス停留所「御殿場口新五合目」~七合五勺「砂走館」〜十合目「銀明水」~剣ヶ峰 〜十合目「銀明水」 ~大砂走り~ 富士急バス停留所「 御殿場口新五合目 」

難易度:体力☆☆、技術 ☆ 、危険

交通機関:

(往)JR「御殿場駅」から、富士急バスで「御殿場口新五合目」停留所へ

(帰)「御殿場口新五合目」停留所から、富士急バスでJR「御殿場駅」へ

概要

御殿場ルート

富士山主要4ルート(吉田、富士宮、御殿場、須走)の中で最長の登山コースです。

詳しくは、次の山行記事を御覧ください。

今回の山行ルートと注意が必要と感じた区間

地図上での位置や標高は次のとおりです。

実際に歩いた軌跡は次のとおりです。

今回の注意したほうがよさそうな区間については次の点でした。

今回注意の必要を感じた区間
  • 降雨時の七合目まで:御殿場ルートの七合目までは目印の少ない火山灰の山道です。雨が降って視界が遮られると、どこを歩いているのか把握できなくなることがあります。山道の両端にはロープが張り巡らされていますが、山行中は歩くことに集中してますので見落とさないとも限りません。億劫がらずに、こまめにGPSで現在位置を確認しておくと安心です。
  • 降雨時の大砂走り:降雨時の大砂走りは、七合目までの山道よりも、更に輪をかけてホワイトアウトしやすいです。とても単調で幅広な火山灰地帯を降っていくことになるので、見通しが悪くなれば現在位置の把握に苦労することになります。定期的に建っているポールが唯一の道標になりますが、ブルドーザー道や登山路と交差する場所にはたくさんのポールが林立するため、間違った方向に向かいやすいです。ポールには方向を示す矢印が書いてありますので、都度、しっかり確認して降りるようにしましょう。

山行の記録

ここからは、今回の山行について述べていきます。

アプローチ

都内から公共交通機関を使って御殿場ルートの登山口へアプローチする方法は次の2つがあります。

公共交通機関を使って御殿場口新五合目にアクセスする方法
  1. JR御殿場駅から、直通バスを使って「御殿場口新五合目」へ向かう(8:15着)
  2. JR三島駅から、一旦「水ヶ塚公園」へ向かい、そこからバスを乗り継いで「御殿場口新五合目」へ向かう(10:15着)

今回のように日帰り登山を考えているならば、到着時間は可能な限り早い時間に越したことはありません。

三島駅から向かった場合、2時間遅れてのスタートとなってしまうので、問答無用で却下。

JR御殿場駅からのアクセスすることにします。

東京から御殿場駅へ向かうには、途中の「国府津駅」で御殿場線に乗り換える必要があります。この「国府津駅」での乗り換えですが、時間が3分しかない上に、階段を渡った隣ホームまで向かわないといけないため、なかなかにシビアです。

降車した場所によっては、走ることを余儀なくされてしまいますので、東海道線に乗車するタイミングから階段に近い車両(1号車、5号車、7号車)を意識して選んでおくと安心です。

御殿場駅についてからも注意事項は続きます。

ここでの注意事項は、できるだけ早くバスのチケット売り場に向かうという点です。

御殿場駅からは、御殿場口行きのバスだけでなく、須走口行きのバスも発着しています。

このため、2つの登山口に向かう登山客がひしめきあう形となりかなり混雑することになります。

その割に、チケット売り場は窓口が一つだけしかなく、併設している自動販売機も始発の時間には動いていないので、いつも長蛇の列が出来上がっています。

バスの出発時間に焦らないように、なるべく早く列に並んでチケットを購入しておいたほうが良いでしょう。

ちなみにバス車内でもSuicaやPasmoを使って精算は可能ですが、往復チケットうは窓口でしか購入できません。

片道と往復で運賃が400円近く違うので、ピストン登山するつもりならば並んででも往復チケットを購入しておくことをお勧めします。

チケットがゲットできたら、あとはバスが到着するのを待つだけです。

その間におトイレを済ませたり、諸々準備を進めておきましょう。

バスに搭乗したら概ね30分で「新御殿場五合目」停留所に到着します。

到着した目の前が登山口となっています。登山口を少し降りると綺麗なおトイレがありますので、不安あるときには立ち寄ってから出立すると良いでしょう。

ギャラリー

今回も東京駅から東海道線の沼津方面始発でむかいます。
途中の国府津駅乗り換えを考えて1号車へ乗車です。
国府津駅乗り換えの様子。1号車からだと改札方面へ向かうと、隣ホームへの階段が近いです。
ここを潜って
3番ホームへ
これですね
すでに電車が止まってます。ゆっくり急いで向かいましょう。
東海道線で1号車両に乗り込んでおけば、余裕もって乗り込めます。
ガラガラの車内。藤岡弘のポスターが目立ちまくってますね。
車内トイレはたしか3号車あたりだったかな。御殿場駅でチケット売り場に直行するためによく使わせて貰ってます。
御殿場駅に着きました。早足で「富士山口」方面へ
改札でて左です。が、都内からSuicaで乗車した場合は自動改札を通れません。JR東日本とJR東海道の区間を跨ぐことになるので有人改札で精算が必要になります。ご注意下さい。
改札を出て左に向かうと階段があるので、ここも左方面へ降ります。
階段を降りたらロータリーの先へ
ここがきっぷ売り場になります。結構早足で着たのですが、すでに5、6名の方が並んでました。
往復きっぷを購入したら、ロータリー1番奥の「のりば1番」へ
バスに乗る前に検温があります。富士急バスはこのあたり徹底してますので素通りしないように。このときに手渡される「検温済みリストバンド」ですが、一度取り付けるとハサミやカッターで切断しないと外せないタイプです。帰路では取り外したいならば、携帯用のハサミやカッターを持参するとか、手首から抜けるくらいゆるく取り付けるとか工夫が必要です。わたしは、ゆるゆるに取り付けてから腕時計で抑えるようにしてました。
鳥居の後ろから失礼します。バスに乗って30分で「御殿場口新五合目」停留所に到着です。奥のテントが協力金の回収場所です。右手を降りて直ぐにキレイなトイレもあります。
今回は時間との勝負なので、速やかに出発です。いってきます。

富士急バス停留所「御殿場口新五合目」~ 七合五勺「砂走館」

登山口をくぐり抜けたら、八合目付近まで火山灰による砂地の道が続きます。

この砂地の道ですが、ずるずると踏ん張りが効かないため、かなり消耗します。

例えるならば、浅い砂浜を歩くような感じです。

そしてズルズルと安定しない足場に加えて、今回は雨による視界不良が甚だしく、10m先はホワイトアウトというような先が見通せない不安な状況の中を歩くこととなりました。

視界が良好だった先月に一度だけでも歩いていたのでなんとか歩き切ることができましたが、初見だったら大事を取って撤収していたかもしれません。

そんな中、幾度かのブルドーザー道との交差をクリアしつつ九十九折の登山路を登っていくと新六合目となる山小屋に到着します。

9月の時期ともなるとほとんどの山小屋は営業を終了しています。この新六合目の小屋も、今季の営業は終了しているようで戸締りがしっかりとされていました。

その後、七合目「日の出館」を通り過ぎて、「わらじ館」まできたところで営業中の山小屋に初めて出会います。

シーズンを終えたこの時期に御殿場ルートで営業している山小屋は、この「わらじ館」の他にはお隣の「砂走館」の2つのみということもあってか、10名近くの登山客が賑やかに寛いでいました。

それでも、9月10日の富士山閉山には、この2館も営業を終了し、御殿場ルートも冬山へ向けて加速していくこととなります。

ギャラリー

初っ端からザーザー振りの雨。かっぱ完全装備での出発です。
まずは、「太田茶屋」の前を通過していきます。
正面を左へ折れて
ベンチ群を越えたら、今度は右折です。
更に奥へ向かい、左手の道を登っていきます。
右手の道は下山路になりますので間違えないように。
先が殆ど見えないくらい雨が降ってます。
下山路を降っていく人々もカッパ完全防備です。
雨の中をひたすら歩いていくと、最初の間違えやすいポイント「次郎坊」に到着です。
ここは、大きな下山路、小ぶりな登山路という感じになってるので、間違って下山路を登ってしまいがちなので注意です。わたしも初見では間違えました。
九十九折の道を登っていくと、標高2,000mの案内があります。何もないところにぽつんと建っているので目立つには目立つのですが、砂ばかりの場所なので、あんまり感動はしないかも。
まったく晴れる気配のない砂地を登っていきます。
宝永山方面を眺めても、うっすらと影が見える程度。
それでも足を止めずに登っていくと、最初の山小屋が建つ新六合目に到着します。
「半蔵坊」という名前のようですね。営業期間は終わっていてしっかり戸締まりされていました。
まだまだ元気なので、休まずに先に進みます。
こんどは六合目に到着です。ここにあった山小屋は廃業しており何もない空間が広がってました。
六合目を通り過ぎていくと、今度は宝永山山頂からの合流地点に出ます。ここは七合目方面へ。
七合目に着くまでの間に、こんどは標高3,000mの案内が建ってます。天気が良ければ下界を眺めつつ、それなりの達成感が得られたのでしょうが雨ザーザーで周囲真っ白だと、あまり感動は無いですね。
雨の中を黙々と登ります。唯一助かった点は火山灰が湿って滑りにくくなったことでしょうか。前回登ったときより体力の消耗度合いが軽く感じます。
そんな中、休業中の七合目「日の出館」を通り過ぎると
まだ営業中の七合四勺「わらじ館」に到着です。この日、まともに登山客の笑い声を聞きました。
山頂方面をみると、うっすらと晴れ間もみえます。もう少し高度を上げると雨雲抜けてくれそうです。
そんな期待の中、先に進んでいくと2つ目の営業小屋「砂走館」に到着です。
こちらの山小屋は今日撤収とのことで、小屋の前のベンチはすべて撤収済みでした。冬場を迎えるにあたってここまで取り外して置く必要があるのですね。富士山の冬は思った以上に厳しい環境みたいです。

七合五勺「砂走館」〜十合目「銀明水」~剣ヶ峰

「わらじ館」「砂走館」と営業中の山小屋を通り抜けていくと、徐々に砂地の道が減り始め、代わりに花崗岩でできたガレ地の道に移り変わっていきます。

足元が硬くなって安定するので、この辺りまで登ってこれば徐々にペースも安定してくる反面、勾配が大きくなって、空気も薄くなるので、息が上がりやすくなってきます。できるだけステップを小さく刻んで歩くようにすると楽かもしれません。

そして、七合九勺「赤岩八合館」、八合目「見晴館」と無人の山小屋をパスした後、1時間30分ほどかけて最後の登り坂を登りあげると、山頂お鉢の一画「銀明水」に到着します。

「銀明水」は、枯れてしまった水場で今は神社跡地のような感じになっていますが、その奥には荒々しい火口が広がっていて、そんな火口を眺めつつ一息つくことができるので休憩するには良い場所です。

そんな休憩場所で少し休んだ後は、国内最高峰「剣ヶ峰」へ向かいます。

冬仕舞いした「浅間大社奥宮」を通り抜けて、最後の難関「馬の背」を登り詰めれば日本で一番高い場所「剣ヶ峰」に到着です。

シーズン中であれば、狭い山頂に登山客がひしめき合って、記念写真を取るための行列なんかも出来上がっているのですが、この日、剣ヶ峰で出会った登山客は2名のみ。

シーズンを終えた9月で、更に天候不順の日ともなれば、流石の週末でも訪れる人は限られた人数になることがわかりました。

そして視界不良の中、せめて火口のガスだけでも晴れてくれないかと10分ほど待機しましたが、好転することなくタイムアップとなってしまったので、「銀明水」まで戻り下山することとしました。

ギャラリー

七合五勺 「砂走館」より上の道は花崗岩混じりのガレ場に変わります。
そして、雨雲を抜けたことで青空がみえてきました。
日差しも出てきて、カッパでは暑いくらいになってきましたが、帰りのことを考えて完全装備のまま先に進みます。
これは鳥居の後でしょうかね。丁度良い位真ん中に山頂が来るように調整されているようです。
花崗岩混じりのガレ場を登っていくと
八合目「見晴館」跡地に到着です。
前回はここまで登ってタイムアップで引き返しましたが、今回は更に上を目指します。
階段の道を登っていくと
一瞬だけガスが晴れてくれました。
山頂もくっきりはっきりです。
下界に目をやるとやる気まんまんの雨雲が広がってました。これは土砂降りの中の下山になりそうです。
急坂のガレ場を1時間ほど登ると、ようやくお鉢の縁が見えてきました。
最後の急坂を登り切ると、「銀明水」に到着です。
こんな石碑が建っています。
あとは、こんな神社の跡地のような鳥居とか
御殿場口の案内なんかも建っています。
正面からは火口を見下ろせるはずなのですが、残念ながらガスで見えませんでしたので、最終到達地点「剣ヶ峰」に向かうことにします。
閉鎖された「浅間大社奥宮」を過ぎて
「剣ヶ峰】方面へ進みます。
最後の難関「馬の背」の急坂を登りきれば
「剣ヶ峰」の気象台跡地に到着です。いつもなら撮影待ちの行列ができているところですが、この日はガラガラでした。
そんなわけで、待ち時間0分で山頂碑写せました。
三角点の撮影も待ち時間無しです。
奥の高台から見下ろしてみても、ガラガラなのがわかりますね。
残念ながら、火口はガスが出てしまって見下ろすことはできませんでした。
それでも、ブロッケン現象っぽい写真が撮れました。正面下のほう、後光を浴びた影みたいなのが見える気がします。どうでしょうか。
そんな感じに人の疎らな山頂を堪能していたら時計の針は15時30分オーバー。バス最終便が17時40分なので概ね2時間で下山しなければいけない計算になりました。それでも、御殿場口の下山路は高速道路な「大砂走り」なので、まあ大丈夫でしょう。
「浅間大社奥宮」の前で軽くご挨拶して「銀明水」まで戻ってきました。これから下山していきます。

十合目「銀明水」 ~大砂走り~ 富士急バス停留所「 御殿場口新五合目 」

「銀明水」まで戻ってきたら、鳥居を超えて下山していきます。

御殿場ルートの下山路は、七合目「日の出館」までは来た道を降っていく流れになります。

この区間はガレ地の道なので、極端にスピードをあげて下っていくには危険です。焦らずに慎重に降り、「大砂走り」に入ったら加速していくようにしましょう。

そうは言っても「大砂走り」も無造作に大股で駆け降りていくのは膝への負担が激増して怪我を負うリスクが大きくなってしまいます。

いつでもブレーキが掛けられるレベルのスピードに抑えて、膝への負担を減らしつつ下っていくのが良いでしょう。

「大砂走り」の後半は、ブルドーザー道を降りていくことになりますが、ここまでくると砂の層が浅くなってクッション性が落ちてきます。

できるだけ腰を落として、膝への衝撃を逃すようにしてください。

「大砂走り」を降り切ったら、あとは穏やかな勾配の道を降っていくのみです。

普通に歩けば躓くようなところはありませんが、疲労から足がもつれて転倒すると言ったこともあり得ますので、最後まで気を抜かずに歩き切りましょう。

ギャラリー

それでは、下山路をささっと降っていくことにします。
まずはガレ場の急坂です。ここはガラガラと石を落としてしまいそうなので、少し慎重に降ります。
石ころの粒が小さくなってきました。
八合目に到着です。
この辺りから砂地の比率が上がっていきますので、降る速度も上げていきます。
七合五勺「砂走館」の屋根が見えてきました。
すでに発電機が止まり、登山客やスタッフが引き上げた後の山小屋を通過していきます。
続いては七合四勺「ワラジ館」を通過です。
七合目「見晴館」を通過したら
「大砂走り」への分岐が出てきます。
ここから「大砂走り」スタートです。
この辺りから雨雲の中に入っていきます。
大粒の雨の中、火山灰の道を降っていきます。道というより広場を突っ切っていく感じになるので、方向を見失いやすいです。うっすらと見えるポールを見失わないように。
どんどん降っていくと、ブルドーザー道に乗り入れます。この道に入ると砂地が浅くなって、クッション性が激減します。地面からの衝撃がもろに膝に来るようになるので、少しペースを落として進むようにしましょう。
そして、ブルドーザー道から外れるよう案内が出てきたら
「大石茶屋」は目の前です。
高山植物の生えた砂地を降りていくと
かき氷をメチャメチャ推してる「大石茶屋」に到着です。
この時点での時間は17時。どうやらバスの最終便には間に合いそうです。
あとはゆっくりのんびり降りていくことにします。
ゴール地点となるバス停が見えてきました。
「御殿場口新五合目」停留所に到着です。時間は17時15分。かっぱを畳んでバスを待つことにします。
靴を見ると泥だらけ。御殿場口には靴を洗えるような場所が無いので、このままバス、電車を乗り継いで帰ることになりました。車内汚して申し訳ないです。
御殿場行きの最終バスが到着です。これを逃すと帰れなくなるので、皆、早足でバスに向かってます。
御殿場駅に着いたら、「沼津」方面の電車が良い感じにホームに入ってきたので、今回は沼津を経由し、熱海のお風呂に寄り道していくことにします。

おまけ

今回の立ち寄り湯は、前回に引き続き「熱海駅前温泉浴場」です。

最近、この施設ばかり使わせてもらっている理由は、立地とコスパの良さからです。

建物自体が古くお世辞にも綺麗とは言えないし、石鹸やシャンプーの取置きがなく100円余計にお金がかかると言ったデメリットもありますが、駅降りて歩いて3分の距離は、下山時の疲れがピークのときにはとても助かりますし、熱海の温泉に500円で入浴できるのは、とってもお得感があります。

入浴客も地元の方が多いようで、無駄に長居せずにささっと入って、出て行ってしまうので、狭い脱衣所でも混雑することはほぼありません。

下山時間が遅くなり、早風呂して帰りたいときには、とても重宝する入浴施設です。

機会あったらぜひ立ち寄ってみてください。

ギャラリー

今回は「熱海駅前温泉浴場」までの道のりを乗せていきます。まずは熱海駅改札を出たところです。真っ直ぐ直進します。
横断歩道が見えてくるので渡ります。
横断歩道を渡ったら、歩道に沿って左手に進んでいけば
到着です。熱海特有の熱いお風呂を堪能することができます。
汗を洗い流して、雨で冷え切った体も温まったところで、改めて東海道本線に乗って帰りました。お疲れ様でした。

まとめ

富士山御殿場ルート日帰りピストン登山の様子でした。

御殿場ルートは、砂地が長く続く歩きづらい道です。

そして、道中の山小屋も少ないので利便性も悪く、他のルートと比べるとあまり人気はありません。

反面で、渋滞など皆無の静かな山行が楽しめるという利点があります。

その他にも、火山灰の広がる裾野からの風景や六合目付近から見られる宝永山のゴツゴツとした様子は、富士山が活火山なんだということを思い出させてくれる、国内でも珍しい風景を眺めることができるので、2度目、3度目の富士登山に使ってみると、また違った富士山の一面を見ることができて新鮮かもしれません。是非歩いてみてくださいね。

それでは、ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました