山行の記録|日帰りダメでした!富士山御殿場ルートをピストン登山

山行

国内での夏の山行というと日本アルプスの3,000m級の山々を想像しますが、富士山も夏山として大人気です。

普段から山登りしているなら日帰り楽勝と聞いていたので、軽い気持ちで足を運んでみましたが、これがなかなかにきつくて、残念ながら8合目に達した時点でタイムアップとなり敗退してきました。

今回はそんな反省点多めな山行の様子です。

加えて、下山途中に立ち寄った宝永火口の様子も載せてありますので合わせてお楽しみいただければ幸いです。

基本情報

まずは、今回の山行についての基本情報です。

山行の基本情報

日付:2021/07/10

天候:曇りときどき晴れ

エリア:富士山エリア

コース概要:富士登山バス停留所「富士山御殿場口新五合目」~8合目~宝永山~富士登山バス停留所「富士山御殿場口新五合目」

難易度:体力☆☆、技術☆、危険☆

交通機関:

(往)JR御殿場線「御殿場駅」から、富士登山バス停留所「富士山御殿場口新五合目」へ

(帰)富士登山バス停留所「富士山御殿場口新五合目」から、JR御殿場線「御殿場駅」へ

概要

富士山

静岡県と山梨県の境目にある、日本を代表する山です。住所としては静岡県の富士宮市となっているようです。

富士山は、1,300年前に建立された浅間神社にて神様として祀られていたり、日本最古の和歌集「万葉集」の歌に詠まれていたりと、非常に古くから人々に恐れられ、かつ親しまれている日本人にとって他の山々とは別格の特別な山です。最近では、世界遺産に登録されたということで海外の方にも名前が知られて、非常に親しまれているようです。

高さは日本一で、標高3,776mを誇ります。

そして、ただ一座だけで形成されている独峰と呼ばれる山で、周囲に視界を遮る山が無く、均整の整った美しい姿を四方に見せてくれています。

このため、山頂からの展望も四方にわたって素晴らしく、天候の良い日に登頂できると、それこそ一生に残る思い出にできるようです。

登山に適した時期は、開山される7月から8月の期間です。

ただし、世界的に有名な山ということもあって、この時期は非常に多くの人が登山に訪れますので、山道が混雑しやすいです。特に傾斜が大きくなってくる8合目より高所は、タイミングによっては非常に長い渋滞を作るようですので、常に時間には気をつけておくのが良さそうです。

ギャラリー

東からの姿。石割山山頂より
西からの姿。龍ヶ岳山頂付近より
南からの姿。黒岳山頂より
北からの姿。雪頭が岳山頂より

御殿場ルート

富士山には4つの登山ルートがありますが、その中で一番距離が長くて登山客の少ないルートが御殿場ルートです。

富士山の南東側の御殿場口新5合目を登山口として、8合目付近まで砂利混じりのなだらな九十九坂が続く山道になっています。

この砂利混じりの道が曲者で、登るときに踏ん張りが効かず、体のバランスを取るために無駄に筋力を消耗して疲労が溜まりやすくなります。登る際は、無理をせずに細かく休憩を挟むことをおすすめします。

逆に降るときには、砂利がクッションの役割をして膝への負担を軽減してくれますので、軽快に降っていくことができます。特に大砂走りの区間は砂利混じりの深い砂場が続くので、駆け下りるのに適しています。最初はズブズブと足が取られて転びそうな怖さを感じると思いますが、慣れてくると結構なスピードで駆け下りてくることができます。

それと、大砂走りを駆け下りると登山靴の靴底を大きく削りとられます。下ろし立ての登山靴のときには絶対他の下山道を使うようにしましょう。

その他の注意点としては、周囲に遮るものや目印になるものが少なく、天候不順でホワイトアウトなどが発生すると道迷いを生じる恐れがある点です。

登山道の両側に道順を示したロープが常に張られているので、それに沿って歩けば問題は生じませんが、何かのきっかけでロープの外を歩くことになると危険です。環境保全の観点からもロープ内の決まったコースで上り下りしたほうがよいでしょう。

ギャラリー

登山口の鳥居。ここからスタートです。
登山道の様子。砂や砂利が多くて足が取られやすいです
8合目付近の様子。岩やザレが増えてきます。
下山道「大砂走り」。登山靴さえ気にしなければ爽快に駆け下り可能です。

今回の山行ルートと注意が必要と感じた区間

地図上での位置や標高は次のとおりです。

実際に歩いた軌跡は次のとおりです。

今回は、危険とまではいきませんが、注意したほうがよさそうな区間について述べてみます。

今回注意の必要を感じた区間
  • 宝永山頂および火口縁:火口から吹き上げる横殴りの強風で体がフラつきやすい
  • 大砂走り:靴が緩いと、駆け下りた際に靴内が擦れてマメの原因になりやすい。小石が入ると怪我に繋がる恐れあり。

山行の記録

ここからは、今回の山行について述べていきます。

アプローチ

今回のアプローチは富士登山バス停留所「富士山御殿場口新五合目」からです。

JR御殿場線「御殿場駅」を富士山口に向かい左側の階段を降りていくことで、御殿場口新五合目行きのバスのりばに到着できます。

途中にバスのチケット窓口があるので、往復の予定だった場合、ここで往復券を購入するとお得感があります。ただ、結構人が並ぶので、電車降りたら直行で向かうようにすると良いでしょう。

トイレは、御殿場口に綺麗なのがありますし、電車内のトイレで移動中に済ませてしまうのが良いかなと思います。御殿場駅についたらトイレには立ち寄らずに、なるべく早くバスのチケット窓口にきてしまうのが良いように思います。

バスに搭乗したら「富士山御殿場口新五合目」までは30分の道のりです。登山口についたら速やかに行動できるように準備しながら向かうと良いでしょう。

「富士山御殿場口新五合目」についくと目の前が登山口です。

10分ほど登ったところにある大石茶屋でおトイレ借りるというのでも良いですが、2,3分降ったところにキレイな公共トイレがありますので、こっちで用を済ませてから出立すると良いでしょう。

ギャラリー

東京駅から東海道線で向かいます。そして「国府津駅」でJR御殿場線に乗り換えて「御殿場駅」へ。乗り換えは5分ぐらいしかないので、跨線橋付近となる1号車か7号車に乗ると捗ります。
御殿場駅に付いたら、富士山口の階段を左へおります。
階段降りたら真っ直ぐ向かうとバスのりばに着きます。
往復券がほしいときは、2番のりば前の窓口で購入してください。自販機無いので結構時間取られるので注意です。
御殿場口新5合目ゆきは、一番奥となる1番のりばです。
始発だからか既にバスが居ましたので、搭乗して待ちます。
検温されると渡されるベルト。富士山では常に着けておく必要があるそうです。外すにはハサミが必要なくらいパチンと締まってしまうので、緩めに着けておいたほうが、外すときに捗ります。
それと、往復券は往路と復路の2枚組になっているので間違えないように。
御殿場口に到着です。この鳥居の左奥から登っていけます。
トイレは、少し降ったところにあります。
こんな案内があるので間違うことは無いでしょう。
なかなかキレイなトイレでした。目の前にベンチがあるので見繕いにも使えそうです。

富士登山バス停留所「富士山御殿場口新五合目」~8合目

今回は、非常に単純なピストン登山でしたので、文章で説明できるものは少ないです。

まず、8合目までの山道ですが、前出した通りに砂利混じりの山道が長く続きます。

全般的に傾斜なだらかですが、場所によっては若干角度の大きいところを通過することもあります。そのときに足を乗せる場所が悪いとズルズルとずり落ちてしまい踏ん張りが効きません。

このため、都度バランスをとるためにとくに体幹の筋肉を使うシーンが多くなります。わたしも後半は、腹筋や背筋、太ももの付け根などが緊張して思うように足が上がらなくなることありました。無理せずにこまめに休憩を入れつつ登ると良いでしょう。

長い砂利まじりの道を歩いて6合目に達すると、そこから先は目印となる山小屋が上部に見えてきます。目安になる反面、登らなければいけない高さもわかってくるので、見上げるたびに多少の精神攻撃を受けますので、なるべく登ることに集中して行ったほうが良さそうです。

最近流行りのマインドフルネスの中に「歩行」を意識して行うものもあるようです。取り入れてみたら、もしかすると捗るかもしれませんね。

8合目付近まで登ってくると、砂利道も終わって火山岩混じりの岩場、ザレ場に入ってきます。歩きやすい反面、段差も大きくなってきますので、疲れて上がらなくなってきた足を引っ掛けないように注意して登っていくとよいですね。

ギャラリー

最初はこんな砂利混じりの砂道から入ります。そして8合目付近までこんな感じなんですけどね。
大石茶屋です。ここでトイレ借りても良いみたい。
絶対必要だそうです。実際はいらないですけどね。記念品としておひとつどうぞという感じでしょうか。
お店を突っ切っていきます。
杖ありました。レンタルなんてのもあるんですね。いらないですけど。
自販機も山価格になってました。この位置でも運賃結構掛かるんですかね。
茶屋を過ぎると、いきなり登山道と下山道の分岐です。左へ。
7合目へ約4時間はあってそうです。今回は、わたしもそれぐらいかかりました。
砂利に体力を削られまくりつつ進んでいきます。かすかに山頂の雲が開けてくれました。
登山道にはこんな案内が点在しているので、不安を感じたらこいつを探すとよいです。
ふーふー言いながら登っていくと「次郎坊」の案内がありました。
こんな立派な案内が立ってました。下山道との交差地点のようです。
下山道に間違えて入らないように進みます。実際、間違って下山道を進んでおとーさんに呼び止めてもらっちゃいました。あのときのおとーさんありがとう。
ホントにこの砂利道苦手だわー。
標高2,000m到達の瞬間です。おめでとう。ありがとう。
そしてさらなる砂利道。ホント苦手だわ-。
このあたりから、ブルドーザー道との交差が頻繁に出てきます。そして雲が空けて愛鷹山地周辺が見えました。
サニーレタスっぽい何かが生えてました。なんだべ。
新六合目間近のようです。既に足元ふらついてます。
ブルドーザーが止まってて何か作業しているようです。
後で調べてみたら、6合目に新しく小屋作るみたいですね。このルートも更に登りやすくなるのかな。ありがたいことです。
はいはい。砂利道。砂利道。ジャリジャリです。
こっちがもともとの6合目みたい。宝永山との分岐にもなってました。
宝永山の様子。ここまで登ると、宝永山のほうが低くなるのですね。
そして高山植物的な花々です。
こんなのもワシャワシャ居ました。
山頂方面。ちょー晴れてます。この日登頂できた人は大勝利ですね。
もうちょい登れば、7合目というところまできました。
日の出館に到着です。と言いたいところだったのですが、写真忘れたので7合5勺の砂走館ので我慢してください。
眼下は雲が広がっちゃいました。
そしてバイオトイレは一回300円。全然匂いしないので気が付かないまま、目の前でおにぎり食べてました。なんてことでしょう。
このあたりから砂利道卒業です。ヤッター。
ただ、落石注意区間になっていくようです。強風で石が飛ばされてくるそうです。怖いわー。
そして、赤岩八合の看板が見えてきました。この時点で13時30分。迷いましたが、山頂は次回にしようと決めた場所となりました。
なんだかよくわからない建物が建ってました。廃屋でしょうか。
箱根方面の雲が空けて、芦ノ湖をみることができました。左の高いのが箱根山ですね。
正面の御殿場方面も少し晴れてきましたが、どこに何があるかまではわからず。
宝永山方面も少し雲が空けてきました。奥の方は伊豆かなあ。
そして赤岩八合館到着です。今日の最高地点となりました。
ご来光好適地点だそうです。確かに方向的にはあってそうですね。とりあえず鐘は鳴らしておきました。
山頂方面。いっぱい登ってました。次は登るぞー。

8合目~宝永山

今回は、タイムアップということで8合目から高所には赴かずに下山することにします。

今まで歩いてきた道を降っていき、6合目から下山道となる大砂走りへの分岐を進みます。

10分も進まないぐらいのところに宝永山方向への分岐が見えてきます。

ここからなら10分程度で宝永山の山頂に到達できるので、折角なので寄り道していくことにします。

この後、宝永火口の縁を歩くのですが、火口吹き上がってくる風が結構強いです。ときたま突風となることがあるので、バランスを崩されないように腰を落としてやり過ごすと良いでしょう。

そのまま5分ほど歩くと宝永山の山頂に到着です。

御殿場方面に展望ありましたが、風が強くておっかなかったので、停滞せずに大砂走りへ戻ることにします。

ギャラリー

それでは下山します。
まずは火山岩混じりの赤い道を降ります。
直ぐに、7合5勺小屋の看板が見えます。
ジグザグに降っていきます。
小屋の屋根が見えてきました。
小屋到着です。
登ってきたときは気が付かなかったですが、なんでか金庫が椅子になってました。
少し降ると7合目の日の出館がみえてきます。
やっぱり富士山の小屋はウルサイんですかね。
ここからもジグザグに降っていきます。
下山道への分岐。大砂走りに入ります。
ザクザクの砂道です。最初歩きずらく感じますが、そのうち慣れます。
このあたりから御殿場方面が晴れてきました。6合目まで降りてきても、雲取山より高いって考えると富士山やっぱりデカいですね。
宝永山への分岐がありました。10分そこらで行けるので寄り道してきます。
まずは馬の背へ。
火口方面を覗いた様子。こいつがどてっぱらに空いてる穴かーって感じにかなりデカく感じます。
山頂方面へ。
山頂にはでっかい方位盤がありました。
御殿場方面の眺め。火山岩が荒々しいです。
大砂走方面。こっちにも火山岩がありますね。それでは大砂走りに戻って下山しましょう。

宝永山~富士登山バス停留所「富士山御殿場口新五合目」

大砂走りに戻ったら、あとは登山口まで一本道に降ります。

最初のうちはズブズブと沈む足元に難儀しましたが、慣れてくると良いクッションとなり言葉通り駆け下りることができるようになります。

これが結構気持ちが良くて、トレランの方々が盛んに山を走り回っている気持ちが少しわかりました。

ただし、スパッツなどが無いと砂や砂利が登山靴の中に入って危ないです。

このときも、数粒小石が靴内に入ってしまって不快感がありました。

そして、普段走っていないこともあって30分も降っていると横っ腹が痛くなってきてペースダウン。

日頃の運動不足が祟る結果となりましたが、それでも5時間かけて登った道を半分程度の時間で降りられるのは爽快な体験でした。靴底は可愛そうなくらいすり減ってしまいましたが。

ギャラリー

馬の背まで戻ってきました。あとは駆け下りるだけです。
と思ったのですが、プリンスルートを向かう人がちょっと絵になってたので後ろから一枚。
さて、大砂走りに戻ってちょーダッシュで雲を抜けてきます。
はい、雲抜けましたー。そして、目の前を往く人が超絶速くてウケる。
サクッと二郎坊に到着です。いやー高速道路ですね。
ここからはブルドーザー道を降ります。まっすぐで気持ちいです。
大石茶屋への分岐です。右へ。
次は「やっと登った」と言いますね。
かき氷のアピール力。
ここからは普通の登山道です。
こんな花がわしゃわしゃ生えてました。草花に疎いのでよくわからないです。なんていうのでしょう。
わしゃわしゃです。
そしてゴールです。駆け下りたから膝がガクガクしてます。
弾丸登山。夜通しじゃない日帰り登山はオッケーですよね。
バスが来たので、御殿場駅まで帰ります。お疲れ様でした。

おまけ

今回は、汗だけでなくホコリも凄かったので御殿場駅から歩いていける銭湯「人参湯」でお風呂をいただきました。

昔ながらの銭湯で、備え付けのシャンプーや石鹸が無いタイプ。その場で購入できるので問題は無いのですが、持参できるならそうしたほうがコスパは良さそうです。

お風呂はただのお湯なので効能なんてものはありませんが、汗やホコリを洗い落とせて、疲れた足を伸ばしてお湯につかれるので、これで十分かなと思います。

よく言うあの台詞「こういうので、いいんだよ」ってやつです。

さっぱりしたあとは、御殿場駅早乙女口から出ている新宿バスタ行きの高速バスに乗って帰路につきました。バスは乗り換えが無いので安心して寝たまま帰れるので重宝しますね。

ギャラリー

なんで人参湯なんでしょうね。ちなみに人参は入ってませんでした。

まとめ

開山当日の富士山御殿場ルートの様子でした。

今回は、体力不足、時間不足で8合目で引き返してきましたが、あとで写真とかを見直してみると18時台のバスがありました。

今回、16時台のバスに間に合ったことを考えると、あと2時間は余裕があったことになるので、あと少し体力をつければ御殿場ルートの日帰りは達成できそうです。

まずは、距離の短い他のルートをこなして体力つけてから、改めてリベンジを果たそうと思います。

それではここまでお読みくださり、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました