山行の記録|一番人気!富士山吉田ルートを日帰りピストン登山してきました

山行

シーズン中の富士山は、非常に多くの人が訪れます。

世界遺産に登録されてからは、海外の方にも知名度が上がって更に多くの方々が登られるようになりました。

中でも山梨県側のスバルライン5合目から吉田ルートに合流していく道筋は、富士山に登るならこのルートと言われるほどの定番ルートで、主要4ルートのうちで一番人気があるコースです。

15年に渡って登山活動をしてきたわたしですが、実はこの吉田コースは一度も登ったことがありません。8月終盤ちょうど天気が良いこともあり、初挑戦してきてみました。

今回も山小屋泊を避けての日帰り登山となりましたので、日頃から忙しく富士登山を日帰りしてみようかと考えているあなたのプランニングの助けになれば幸いです。

基本情報

まずは、今回の山行についての基本情報です。

山行の基本情報

日付:2021/08/29

天候:晴れ

エリア:富士山エリア

コース概要:富士急バス停留所「スバルライン五合目」~六合目~本八合目「トモエ館」〜十合目「久須志神社」~「剣ヶ峰」 〜十合目「久須志神社」~六合目~富士急バス停留所「スバルライン五合目」

難易度:体力☆☆、技術 ☆ 、危険

交通機関:

(往)富士急線「富士山駅」から、富士急バスで「スバルライン五合目」停留所へ

(帰)「スバルライン五合目」停留所から、富士急バスで富士急線「富士山駅」へ

概要

吉田ルート

吉田ルートは、主要4ルート(吉田、富士宮、御殿場、須走)の中で唯一、山梨県に登山口がある北面から登る登山道です。

歩きはじめの標高は、富士宮五合目より100m低い2,305m。山頂との標高差は1,400mぐらいになります。この100mの標高差ですが、平地の歩道を行くのならば訳も無いですが、山道を登る高さとしては思いのほか体力を使います。背負っている荷物の重さ、不安定な足場、様々な要因で結構な時間を要しますのでプランニングするときには注意が必要です。

道中の様子は、意外と岩場が多く大きく足を上げて通過する必要がある場面もあります。それでも、要所要所セメントでガチガチに固めてあったり、石段が積んであったりと、どうやって通過すれば良いかわからなくなるような場所はありませんので、体力さえあれば、登りきることができるでしょう。

ただ、富士山に来る人が全員がタフガイという訳ではありませんので、所々で渋滞が発生します。

焦れて強引に割り込んで進むと事故のもとになりますので、相手を気遣いつつ声を掛け合って登るようにできればいいですね。

登山に適した時期は、富士山の他の主要ルートと同じく7月の山開きから9月初旬までの夏場になります。この時期を外すと実質冬山ですので、7月から9月以外のタイミングに興味本位で登るのは辞めておきましょう。

本ルートは、大人気の登山道ということもあり非常に整備されて歩きやすく、初めて富士山に登るのにもおすすめなルートです。周辺の山々や湖を振り返りつつ、自分のペースで登ってみてくださいね。

ギャラリー

登山口のあるスバルライン5合目。見てわかる通り観光地です。おトイレは正面に映っている建物の左手を降りたところにあります。
登山道入口です。6合目まではなだらかな道が続きます。
6合目までなら馬で行くことも可能。お値段は2021年8月現在で六合目片道7,000円でした。
こんな感じ。ちょっとだけですが羞恥プレイ臭がしますね。
六合目以降は、ザレ道を登り
七合目を越えてくると岩場を登ることになります。ほとんどの箇所はコンクリで固めてるので安心感あります
八合目からはお隣の須走ルートと合流して更に賑やかに
八合目から九合目までは、ザレ場再登場で体力を削りに来ます。
九合目から十合目は岩場の急坂。ここは渋滞率高めです。この日も渋滞気味でした。
終点の十合目「久須志神社」です。ここから左に向かうと「剣が峰」、右に向かうとお鉢巡りに入ることになります。

ここからはInstagramにアップした7合目から眼下を眺める動画です。

こちらはもう一段上の8合目5勺から。

今回の山行ルートと注意が必要と感じた区間

地図上での位置や標高は次のとおりです。

実際に歩いた足跡は次のとおりです。

今回の注意したほうがよさそうな区間については次の点でした。

今回注意の必要を感じた区間
  • 剣ヶ峰直下の急坂:サラサラの砂地で非常に滑りやすく感じる急坂です。登り、降りともに踏ん張りがききづらく、ズルっと滑るたびに気力と体力を削られます。片側にある手摺を有効に使って通過するとよいです。
  • 下山路全般:吉田ルートは下山路が登山路と別々になっています。そして、この下山路は大砂走や砂走と似ていて、深めのザレ場が続く道になっています。このため、慣れてこれば駆け下りることができて爽快なのですが、人気ルートということで、常に人が溢れかえっている状況です。衝突などしないように、追い越しするときにはなるべく大きく避けるようにするのがよいでしょう。逆に、追い越しされる場合は、いきなり立ち止まったり、方向転換をしたりすることは極力さけて、適宜、後ろに注意を向けるようにできるとよいですね。

山行の記録

ここからは、今回の山行について述べていきます。

アプローチ

公共交通機関を使って「スバルライン五合目」へ向かう手段は、新宿をはじめとした都市からの直通バスもしくは、富士急線「富士山駅」「河口湖駅」からの季節運行の路線バスになります。

直通バスの始発は早い段階から満席になってしまうので、思い立った時に使うには難しく「富士山駅」からの路線バスで向かうことにします。路線バスは「河口湖駅」からも乗れますが、確実に座って向かいたい場合は、始発駅となっている「富士山駅」の停留所から乗りましょう。

そして、富士山駅周辺のトイレですが駅構内のトイレを逃すと、バスのチケット売り場建物内にしかありません。チケット売り場は8時ぐらいにならないと開かないので、緊張してるときは改札出る前におトイレ済ませてからにした方が良いでしょう。

どうしようも無い場合は、徒歩10分のところにセブンイレブンがあったはずなので、そこまでおトイレを借りいく旅に出てください。

また、ピストン登山する場合は往復きっぷがお得です。窓口が空いたら購入してから列に並ぶようにしましょう。

ギャラリー

東京駅から中央線に乗って、「高尾駅」「大月駅」と乗り継いでいきます。
「大月駅」からは富士急線で「富士山駅」へ。富士急線もアニメキャラとかとのコラボが多いんですよね。
左のはナルトでわかるんですけど、右のはわかんないや。ラブライブ的な何かですかね。
富士急線内からの眺め。富士山がみえる電車って良いですよね。
運転席越しにもみえる区間あります。子供が喜びそうなシュチュエーションです。
富士山駅到着です。誕生10周年なんだそうです。
改札出る前におトイレへ。ココ重要です。
バスのりばは、改札抜けて左折です。
左折後は、建物を出てすぐをまた左折です。
スバルライン五合目行きのばすのりばは「5番」です。歩道を渡って1番おくになります。ちなみにチケット販売所は歩道は渡らずに直進です。
5番のりば。すでにいっぱい並んでますね。
バスが来ました。近頃はバスも電気になってきてるんですね。馬力でるのかしら。
途中のバス停「河口湖駅」の眺め。バックに富士山がみえてますね。
場面は飛んで、「スバルライン五合目」到着の絵です。ここからそれぞれの矢印の方向に向かうと「登山口」か「おトイレ」があります。
別の方向から見るとこんな感じです。おトイレは1段下がったところの建物へ。登山口は奥へ。といった感じです。
案内で見ると、こんな位置関係です。
おトイレのある建物。休憩スペースもあるので、ここで見繕いしてもいいかもしれません。
登山口方面に向かうと、馬のりばがあります。かわいいですね。
検温&保全協力金の支払場所。登山にお札もっていきたくないので、Suicaとかでも払えるのは助かります。
協力金払うと貰える証明書。左が山梨側で貰ったやつ。右が静岡側で貰ったやつ。個人的には山梨で貰った木製のが好きかなー。こいつをザックにつけておくと、支払い済み扱いになります。
そして登山口です。さて行きますか。

富士急バス停留所「スバルライン五合目」~六合目~本八合目「トモエ館」

では、六合目まで進んだのち吉田ルートを登っていきます。

まずはなだらかな降り道を進んでいきます。30分ほど進むと吉田ルートの五合目「佐藤小屋」と六合目へ向かう分岐に到達します。今回は六合目へ直進する方向へ進みます。

ザレ場を越えて落石用のシェルターを抜けていくと六合目です。

ここには、警察の出張所がありますので、万が一の場合に備えて覚えておきましょう。

そして、六合目からが山道の本番です。

七合目までのザレ場をすぎると、急勾配の花崗岩地帯が続きます。

危なそうなところはコンクリートでガッチリ固めてあるので、落石の心配はほぼ不要で登っていけますが、この急勾配は登山慣れしてないとちょっと厄介かもしれません。

足を高く上げるとそれだけ筋肉の疲労が進むので、なるべく足を高く上げずに済むコース取りで進んでいきましょう。

七合目からは山小屋ラッシュです。須走ルートと合流する本八合目までの間に10軒を越える山小屋がひしめき合っていて、ちょっとした集落みたいになってます。これら山小屋集落ですが、休憩している方、山小屋スタッフの方、様々な人が行きつ戻りつしています。

吉田ルートは登山道と下山道が分かれているので、基本的に他の登山客とのすれ違いは発生しないのですが、この区間は別物で、結構な割合で人とのすれ違いや追い越しが発生します。接触したりすると、怪我やトラブルの元になってしまうので、通過の際には注意しましょう。

須走ルートと合流する本八合目に入ると、今まで以上に人がひしめき合う区間に突入します。

ここからは、渋滞が多発することになるので、気持ちを落ち着けて無理な追い越しをすること無く進んで下さい。

ギャラリー

六合目に向かう並行道を進みます。並行といっても少し降っているので行きは楽に感じるでしょう。
吉田ルート五合目「佐藤小屋」と六合目への分岐です。今回は六合目へ。
こっち方面ですね。
こんなコンクリ道を登り
落石シェルターを越えていくと
六合目到着です。賑わってますね。
警察の出張所があります。ヘルメット貸し出しているようです。
簡易トイレもありますが、ここからは200円使用料が必要です。
それでは改めて、あの頂きに向かって出発です。
七合目までの間はこんなザレ道です。あまり滑らないので消耗度は小さいです。助かりますね。
七合目付近になると、こんな花崗岩の岩場になっていきます。
そして最初の山小屋「花小屋」に到着です。
更に急勾配の岩場を登ると
次の山小屋「日の出館」に到着です。ホントちょっと歩くと山小屋にぶつかる感じです。
七合目の高さだとこんな眺めです。といっても、この日は雲海で下界があんまりみえてないですけど
方向的に正面に河口湖がみえると思うのですが、ちょっとわからないですね。
さて、どんどん登っていきましょう。
七合目トモエ館です。本八合目にもあるのですけど、系列か何かですかね。
石積みされて登りやすくしてあります。
ザレ場にくらべて、岩場のほうが靴底のグリップが効くので登りやすいですね。
鎌岩館です。まだまだ、七合目山小屋ラッシュは続きます。
岩場を登って
山小屋について
また岩場を登って
山小屋についてを繰り返します
そして、同じように岩場を登って
山小屋につきましたが、真新しい感じの小屋がありました。
2010年のリニューアル以降、キレイな山小屋で有名な東洋館でした。この小屋が標高3,000m地点になるようです。
3,000mを越えたからといって、何かが変わることもなくきつい勾配の岩場をモクモクと登ります。
お、八合目に変わりましたね。山小屋「太子館」だそうです。
上の方にみえる建物群が、八合目からも山小屋ラッシュであることを示していますね。
まずは「蓬莱館」
岩場挟まずに、山小屋の間を縫うよに登っていきます。
少しザレ場を登ると
次の山小屋「白雲荘」に到着です。
まだまだ続きます。
こんな看板がみえたら
「元祖室」に到着です。これで山小屋の名前なんですね。気が付かなかった。
花崗岩が増えてきました。
次は「富士山ホテル別館」です。今度はホテルだそうで、名前もバラエティに飛んでますね。
焼印場所に行列ができてました。焼印の場所も人気不人気あったりするんですかね。
もときた道を振り返ってみました。みんながんばってねー。
なんだか裏口っぽい階段を登っていくと
今まで以上の人口密度になります。どっからこんなに人が湧いてきたのかと思っていたら
須走ルートとの合流地点でした。富士山は今日も活況です。
本八合目からの眺めです。すっかり雲の上まで抜けていい眺めです。
この時点で13時になったので、ここで下界を眺めつつおにぎりタイムです。高い場所で食べるごはんは美味しいですね。
燃料入れたので残りの道程を消化していきます。

本八合目「トモエ館」〜十合目「久須志神社」~「剣ヶ峰」

本八合目から上は、須走ルートからの人が合流してかなり混雑します。

加えて、勾配もなかなか急なので登山慣れしていない方々がローペースになり渋滞しやすい状況になります。このような方々はルートの真ん中を進みがちなので、接触にはくれぐれも気をつけつつ、端っこからパスしていくと割とスムーズに登れたりもしますが、くれぐれも無理はしないように焦らずに行きましょう。

十合目「久須志神社」まで登ってしまえば、あとはスムーズです。

神社でご挨拶したら「剣ヶ峰」に向かって左右どちらかのコースを進んでいきましょう。

今回は時計回りに左へ折れて進みます。

山頂の山小屋「扇屋」を越えて、もう一つの十合目「浅間神社富士奥宮」を越えたら、山頂直下の急勾配が現れます。

最後の一登、気合入れて登りきれば剣ヶ峰の山頂です。

流石、日本一髙い場所です。かなりの人が滞在していますので、記念写真を撮ったらなるべく早く降りてしまいましょう。

そして、この時点で時刻は14時30分。最終バスの時間が17時40分なので残すところ3時間となりました。これならばお鉢巡りしても間に合いそうなので、残り半周も消化してしまうことにします。

ギャラリー

本八合目から九合目まではザレ場続きです。
渋滞も続いて、体力だけでなく、精神力も削られる区間。なかなかの苦行です。
八合目五尺「御来光館」。名前がカッコいい。
まだ渋滞は続きます。
鳥居をくぐると
九合目です。「迎久須志神社」跡地でしょうか。
ここまで登ってくると、下界の眺め素晴らしいですね。
そして、皆続々と登ってきます。がんばってー。
最後の渋滞を通過したら
狛犬様がお出迎えしてくれます。
十合目「久須志神社」に到着です。隣で若い子達がハグしつつ、歓喜の雄叫びを上げていたのが印象的でした。
神社で軽くご挨拶したら、日本最高峰を踏みに行きます。
「頂上扇屋」を通り過ぎて
もう一つの十合目「浅間神社富士奥宮」の方向に向かいます。
火口を隔てて「剣ヶ峰」がみえますね。
ここを登り切ると、成就岳というピークなのですが
時間短縮のため巻いていきます。
いつも気になっている特徴的なピーク。地図的に伊豆岳ってやつだと思うのですが如何でしょう。
この辺から下界を眺めると、こんな感じです。多分、こっちは箱根方面なはず。
こっちはお台場方面なはず。あの雲の先に関東平野が広がってるはず。
そして、こっちは三島方面なはず。合ってるはず。
そんな天空の道をすすみます。
からっぽの囲いを発見。
「銀明水」でした。昔はここから湧き水が出てたとかなんとか。
そして、少し登れば
「浅間神社富士奥宮」に到着です。軽くご挨拶したら、本命「剣ヶ峰」へ。
この広場っぽいところ。ホワイトアウトすると怖いんですよね。方向わからなくなるんですよ。
「剣ヶ峰」直下の急坂「馬の背」がみえてきました。あそこを越えれば、日本で1番髙い場所です。気合だー。
名物、山頂の記念写真行列が見えました。
そんなわけで、てっぺん到着です。晴天じゃないですか。ヤダー。
三角点も忘れずに。
案内も忘れずに。
山頂から少し奥にいくと、気象レーダーの残骸が建ってます。
人工物を含めると、あそこが1番高い場所なんですが、立入禁止なんですよね。残念。
火口とお鉢のまわりを撮ったら、お鉢の反対側を通って下山します。
火口は「大内院」といって「浅間神社」より禁足地として指定されています。降りると罰があたるので降りないように。
先程通過した「浅間神社富士奥宮」も見えますね。絶景。絶景。

「剣ヶ峰」 〜十合目「久須志神社」

てっぺんも踏んだので、お鉢の反対側を通って下山していきます。

まずは気象台跡地の高台を降りて、北方面へ向かっていきます。

西安ノ河原を過ぎて、大沢崩れ上部から下界を覗いたら、更に北へ向かっていきます。

小内院や金明水を通り過ぎて、なだらかな登り坂を登れば「久須志神社」までは直ぐそこです。

神社前を通り過ぎて、下山路の分岐まで戻ったら下山していきます。

気象台跡地を降りたら北方面へ
なだらかな降りを進みます。
この日は、風は強めでしたが絶好のお鉢巡り日和でした。
ここを登り切ると、大沢崩れの上部だと思うのですが、お鉢の外側が切れ落ちてるところにでます。
大沢崩れの上部と思われる場所からの眺めです。こっちは富士宮市街地の方向です。
西方面の眺め。目の前の山脈は天子山地だと思うのだけど違うかな。
北方面の眺め。右手前の凹んでるところが本栖湖っぽいんだけど、どうでしょう。
風が強くて半袖だと寒くなってきたのですが、防寒具出したら吹き飛ばされそうなので、急ぎ久須志神社に向かいます。
「小内院」を横目に通過。
「金明水」の跡地も通過。
「久須志神社」まで後200mまで来ました。あと少しです。
「久須志神社」まであと少しのところで、下界の眺めが開けてきました。こちらは北方面の眺め。
こちらは東方面。雲の形が風の強さを物語ってますね。
こちらは南方面。陽気な外人さんがポーズ決めて撮影してました。
お鉢のキワキワを足早に歩いていくと
「久須志神社」に戻ってきました。がおー。
そして下山路への入り口へ。さあ、帰りましょう。

Instagramにアップした、お鉢巡りの様子も載せておきます。

強風に煽られてブレまくっていて、眺めていると酔っ払うかもですが、雰囲気は掴めるかなと思います。

十合目「久須志神社」~六合目~富士急バス停留所「スバルライン五合目」

お鉢巡りも終わって、あとは下山するのみとなりました。

この時点で時計は15時30分を指しています。

最終バスが出発するまで、あと2時間10分といったところです。

ここからの標準タイムでの下山時間は3時間10分なので、バッチリ乗り遅れる計算になりますが、殆どの山行では標準タイムの半分で下山しているので、まあ、間に合うでしょう。

そんなわけで、ゆっくり急いで降りていくことにします。

吉田ルートの下山路は、大砂走りや砂走りに似た深めのザレ場になっているので、コツさえつかめばかなりハイペースで降りることができます。

ただし、降り一辺倒なのでスピードを出しすぎると膝への負担が増してしまいます。

なるべくブレーキをかけるような筋肉の使い方を抑えて、ズルズルと滑り落ちるように降りていくことで膝への負担が軽減できます。

ただし、この方法は靴底が悲しいくらいに摩耗するので新品の靴ではやらないほうが賢明でしょう。

それと、吉田ルートは下山路にも人がいっぱい居るので、ぶつかることの無いようにできるだけ遠回りに避けるようにしていくと良いですね。

下山路を降り切ると、今度は六合目に向けて並行道を進んでいくことになります。

傾斜が穏やかになり歩きやすくなった反面、速度が出せなくなるので標準タイムに近い時間が必要となります。

それでも、危険箇所は皆無に等しい道です。

気がつけば16時には六合目に到着。その後も順調に歩き切って無事に最終バスに乗り込むことができました。

ギャラリー

それでは下山していきます。ゆっくり急げ。
下山路は、大砂走りや砂走りに似た感じでハイスピードで降りていけます。
見晴らしもよく、進む道の様子がはっきり確認できました。
もっと下の方は、こんな感じ。九十九折に降りていく感じでしょうか。
富士山は特に杖をついた方が多いので、追い越しのときに引っ掛けないように注意です。
スバルライン五合目と須走口五合目の分岐。ここを間違えるとエライことになります。
スバルライン五合目方面は、この山小屋の前を通過していきます。
この人の数。人酔いしそうです。
なんとか密集地帯を抜けて、軽快に降りていきます。
どんどん降りていくと
避難所前まできました。下山路も大体半分消化したというところでしょうか。
更に降りていくと
七合目の公衆トイレまで降りてきました。後少しで下山路も終わりですね。
下山路の終わりは落石シェルターが続きます。
この中は狭いので、追い越しできないので注意です。
シェルター地帯を抜けると、並行道になります。ここからはスピードも出せず、焦っても仕方ないので、いつものペースですすみます。
閉鎖されたっぽい山小屋を通過すると
六合目の建物たちが見えてきました。どうやらバスには間に合いそうです。
六合目を通過して
スバルライン五合目方面へ
朝通った道を逆走していきます。
確かにこんなところを通りました。
吉田ルートの五合目との分岐です。ここまでこればゴールは直ぐですね。
スバルライン五合目の建物たちが見えてきました。
見上げると、山頂がうっすら顔を出してました。最後の最後にラッキーでした。
17時のスバルライン五合目。この時間になってもこの人出です。
バス停方面に進んで
無事にゴールです。この時点で17時。逆に時間が余ってぼんやりしてました。
富士山駅についたらすっかり暗闇になってしまいましたので、寄り道せずにこのまま帰りました。お疲れさまでした。

まとめ

富士山吉田ルートの様子でした。

途中に急勾配の岩場が続きますが、しっかりと固められて安全ですし、山小屋も沢山建っていて不安要素がほとんどないルートで、人気が出るのもわかる気がしました。

わたし的には、御殿場ルートが静かで好きなのですが、富士山にはじめて挑戦するならばこの吉田ルートにしておけば間違いは無いと思います。

もし、富士山登る野望をお持ちでしたら、今回の記事を参考にしてもらって吉田ルートから登るプランを計画してみるのも楽しいと思いますよ。

それでは、ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました