パタゴニアのキャプリーンクールライトウェイトを夏山登山に利用した感想をまとめます

未分類

パタゴニアの夏山向けのベースレイヤー「キャプリーンシリーズ」の中で、最も軽く、激しい発汗を伴う運動に適しているTシャツ「キャプリーン・クール・ライトウェイト」。

ピッタリと肌に吸い付いて汗を吸収発散し、体をサラッとするタイプのTシャツで登山はもちろん、トレラン向きでもある一品です。

また、キャプリーンシリーズの中では最軽量ということで、軽量化にこだわり持つユーザーも満足できるウェアとなっています。

ただ、同じキャプリーンシリーズのクールデイリーと比べると知名度が低く、何がどう違うのか正直わかりづらいのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では、わたしが実際に夏山登山に利用したときに感じた、良かった点、イマイチだった点を述べていきたいと思います。

この記事を読んでわかること
  • キャプリーンクールライトウェイトの満足できる点がわかる
  • キャプリーンクールライトウェイトのイマイチな点がわかる

キャプリーンクールライトウェイトの基本情報

まずは、キャプリーンクールライトウェイトの基本情報についてです。

キャプリーンクールライトウェイトの基本情報

サイズ:XS/S/M/L/XL/XXLの6種

フィット感:スリム

カラー:シーズン毎に入れ替え

素材:リサイクル・ポリエステル100%

用途:ランニング、ハイキング、トレーニング

サイズ

キャプリーンクールライトウェイトのサイズは6種です。

パタゴニアのウェアは、海外の方を対象としています。このため、日本人が着用するには一回りサイズが大きめな作りになっています。このため、普段よりも1ランク小さいサイズを選ぶと良いです。

例として、身長168cm、体重48kg、お腹まわり普通な場合だと、Sサイズでピッタリサイズでした。

山行に使った感じだと、体にピッタリとフィットするタイプなので暑苦しいかと思いましたが、非常に高い通気性があり、そこまでの暑さは感じられませんでした。

また、パタゴニア公式サイトでは、自身のパーソナルデータを入力することで適切なサイズを計算してくれるサービスが実装されていますので、気になる方は事前に確認しておくと良いでしょう。

フィット感

パタゴニアのでは、ウェアに対して以下の4つのフィット感で説明しています。

  • ぴったりフィット
  • スリムフィット
  • レギュラーフィット
  • リラックスフィット

この中で、キャプリーンクールライトウェイトは、スリムフィットに相当します。

ピッタリと体に纏い付いて汗を吸い取って、外に発散する仕組みのようです。

体のラインが出やすいので、筋肉質な身体だとよりかっこよく見えるかもしれませんね。

カラー

キャプリーンクールライトウェイトのカラーは6色用意されています。そして、毎年購入できる色は入れ替わります。

似た色をローテーションしているので、数年すれば同じような色が購入できますが、いつ発売されるかはわかりません。

気に入った色があったら売り切れる前に確保しておいた方が、後悔の念も少ないかもしれません。

素材

キャプリーンクールライトウェイトの素材は、リサイクル・ポリエステル100%。

リサイクル・ポリエステルとは、ペットボトルを始めとしたゴミをリサイクルして作ったポリエステル繊維とのことで、環境に考慮している姿勢を示すために大々的にアピールしているようです。

そして化学繊維であるポリエステルは速乾性が高く、登山をはじめとする発汗の多いシーンに有利な特徴があります。

用途

キャプリーンクールライトウェイトの公式HPに示されている用途は、 ランニング、ハイキング、トレーニングということで、登山=ハイキングにもオススメとなっています。

素材が薄いので、重いザックを背負った時の背中の強度に不安を感じるかもしれませんが、その点は大丈夫でした。

テント泊のための歩荷訓練と称して、15kgの装備を担いで北岳日帰りピストンという少々乱暴な山行に着用してきましたが、ほつれや破れは皆無でした。

ただ、ザックとの接触部分に毛玉ができてはいたので、旧作に比べると耐久性が落ちるのかもしれません。

もう少し経過観察してみます。

ギャラリー

全体像。スリムフィットという名前のとおり引き締まった感じに見えます。
袖は短め。動きの邪魔にならないようにという配慮でしょうか。
裾にあるロゴ。自己主張が控えめで好印象な感じです。
裏地。ブロック型の特徴てきな裏地です。これで速乾性をあげているのでしょう。縫い目が肩からずらしているところも好印象ですね。この位置だとザックの肩紐に干渉しないで済みますね。

キャプリーンクールライトウェイトを使ってみて満足した点

キャプリーンクールライトウェイトの基本情報を抑えたところで、実際に夏山に着ていったときに感じた満足した点3つを挙げていきます。

キャプリーンクールライトウェイトを使ってみて満足した3つの点
  • 速乾性の高さ
  • シワになりづらい
  • 控えめなロゴ

速乾性の高さ

キャプリーンクールライトウェイトの満足した点の一つ目は「速乾性の高さ」です。

これは本当に秀逸で、ガッツリ汗をかいても歩いているうちにいつの間にか乾いてくれます。

通気性も抜群で、わたしが着用したキャプリーンシリーズでは一番涼しく、乾きやすいTシャツとなりました。

逆に、風の強い稜線では少し寒く感じるかもしれません。

キャプリーンクールライトウェイトを着ていくときには、念の為、防風着も持っていくと良いかもしれませんね。

因みに、防風着には極薄のフーディニジャケットがおすすめです。興味あったら、次の記事も読んでいってください。

シワになりづらい

キャプリーンクールライトウェイト の満足した点の二つ目は「シワになりづらい」です。

同じキャプリーンに存在している3つのTシャツ「キャプリーンクールデイリー」「キャプリーンクールトレイル」「キャプリーンクールメリノ」は、どれも自動洗濯機から取り出すとシワだらけとなってしまい、アイロンがけ必須な状態になってしまってました。

恐らく、肌触りを重視の柔らかい質感がそうさせているのだろうと予想していますが、キャプリーンクールライトウェイトに限っては、形状記憶シャツのようにシワの無い状態で取り出せて、そのまま着ても支障無いレベルだったので、この点はとても重宝しています。

毎回、アイロンがけするのってなかなか大変ですしね。

控えめなロゴ

キャプリーンクールライトウェイト の満足した点の三つ目は「控えめなロゴ」です。

パタゴニアのロゴはデザイン性が高くて、ロゴマークだけのワッペンなんかも人気があるようですが、あまりに大きすぎるとクドい感じがして好きになれません。

キャプリーンクールライトのロゴは、裾に小さく付いているだけなので、この控えめ感が好印象でした。

キャプリーンクールライトウェイトを使ってみてイマイチだった点

今度は、 キャプリーンクールライトウェイトを使ってみたなかでイマイチと感じた点3つを挙げていきます。

キャプリーンクールライトウェイトを使ってみてイマイチだった3つの点
  • 肌触りがイマイチ
  • 袖が短い
  • Tシャツにしては価格設定が強気

肌触りがイマイチ

キャプリーンクールライトウェイトのイマイチだった点の一つ目は「肌触りがイマイチ」です。

速乾性を重視したからでしょうか。

他のキャプリーンクールTシャツ「キャプリーンクールデイリー」「キャプリーンクールトレイル」「キャプリーンクールメリノ」と比べて、ポリエステル特有のゴワつきというか突っ張るような感じがしたのが、残念な点でした。

また、汗が乾いたあとTシャツの裏面に極微量ながらベタつきを感じたのもマイナス点かなと思います。

袖が短い

キャプリーンクールライトウェイトのイマイチだった点の二つ目は「袖が短い」です。

激しい運動を想定しているからでしょうか。

他のキャプリーンクールTシャツと比べて、袖が短いように感じました。

このため、肌の露出上がって腕への日焼け対策や、木々との接触にも意識を向ける必要があったことも、残念な点として挙げておきます。

Tシャツにしては価格設定が強気

キャプリーンクールライトウェイトのイマイチだった点の三つ目は「Tシャツにしては価格設定が強気」なところです。

パタゴニアは高級アウトドアブランドだから仕方がないと言われてしまえばそれまでではありますが、

キャプリーンクールライトウェイト1枚のお値段は5,000円超。

Tシャツ1枚に5,000円という価格は、庶民層のわたしにはなかなか高額に感じます。

特に、今回の用途は雨風に当たるのは当たり前、場合によってはガザガザとヤブの中に踏み込んでいかなければならないようなフィールドでの利用となります。

あまり高額のウェアだと、汚すことに注意が向いてしまい、危ない歩き方になってしまうかもしれませんので、この点もマイナスポイントとさせてもらいました。

まとめ

キャプリーンクールライトウェイトを使ってみて満足した3つの点
  • 速乾性の高さ
  • シワになりづらい
  • 控えめなロゴ

キャプリーンクールライトウェイトを使ってみてイマイチだった3つの点
  • 肌触りがイマイチ
  • 袖が短い
  • Tシャツにしては価格設定が強気

パタゴニアの キャプリーンクールライトウェイトは、他のキャプリーンクールのTシャツと比べてしまうと、肌触りがイマイチで袖口も短く、どちらかと言うとトレラン向きのウェアなのかもしれません。

しかし、その速乾性の高さは濡れに敏感な登山にも大いに有効です。

是非、あなたも キャプリーンクールライトウェイトを着て、快適な山行を楽しんでくださいね。

また、キャプリーンクールTシャツ4種についての比較記事も書いてますので、気になる方は一緒に読んでいってくださいね。

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました