山行の記録|奥多摩の千本ツツジで雲中お花見

山行

ツツジというと5月に咲く花というイメージが強いですが、山の中では6月に咲き始める場所が少なくありません。

奥多摩の石尾根にある千本ツツジ峰も例年6月から見頃になるツツジの群生地です。

今年は、どうもタイミングが合わなくて目の覚めるような満開のツツジに出会えてないので、雨上がりの週末に散策をしに行ってみました。

今回はそんなお花見目的の山行の様子となります。

基本情報

まずは、今回の山行についての基本情報です。

山行の基本情報

日付:2021/05/29

天候:曇り

エリア:奥多摩エリア

コース概要:西東京バス停「留浦」~雲取登山口~七ツ石山~千本ツツジ峰~高丸山~日陰名栗山~鷹の巣山~JR奥多摩線「奥多摩駅」

難易度:体力☆☆☆、技術☆、危険☆

交通機関:

(往)西東京バス停「留浦」から徒歩30分、雲取登山口から

(帰)JR奥多摩線「奥多摩駅」から帰路へ

概要

千本ツツジ峰

千本ツツジ峰は、東京都奥多摩エリア内にある石尾根稜線にある大規模なツツジの群生地です。七ツ石山と高丸山の中間に位置しているため、気軽に立ち寄れる場所では無いことから、見頃となる6月に入っても訪れる人は疎らでゆっくりとツツジ鑑賞を楽しめるスポットとなっています。

実際のツツジの生息数はというと、千本とまではいきませんが100本レベルで生息しているので、運良く満開時期に訪れることができたら、思わず感嘆の声が漏れてしまうような眺めを目にすることができます。

特に、七ツ石山から鷹の巣山へ向かう巻道側がおすすめで、満開時はツツジのトンネル状態になるので、脚力に余裕あるようなら巻道に降りて、そちらも散策してみると更に幸せになれます。

また、この周辺はツツジと合わせてワラビの群生地にもなっているので、頭上のツツジだけでなく足元の様子も忘れずにお楽しみいただければと思います。

アクセス方法は3つあり、楽な順に並べると以下のとおりとなります。

  • 西日本バス停「峰谷」から浅間尾根を登って向う
  • 西日本バス停「鴨沢」から登り尾根を登って向う
  • 西日本バス停「峰谷」から赤指尾根を登って向う

距離的には赤指尾根から上り詰めるのが一番近いのですが、利用者が少なく路が荒れ気味な上、ゴール間際に控えている直登区間が傾斜がキツくなかなか手強いのであまりおすすめはしません。

よく人に踏まれていて道中明瞭で、傾斜も緩やかな他2つのルートを使うのが無難です。

ギャラリー

千本ツツジ峰の表札。数年前は無かったのですが新しく出来たみたいですね。
現地のツツジのアップです。今回は雲中での鑑賞だったこともあり、しっとり濡れてました。
足元のワラビたち。ワシャワシャ生えてます。

石尾根

石尾根については、以前の山行記事に載せていますので、そちらを参照ください。

今回の山行ルート

地図上での位置や標高は次のとおりです。

実際に歩いた軌跡は次のとおりです。

山行の記録

ここからは、今回の山行について述べていきます。

アプローチ

今回のアプローチは西東京バス停留所「留浦(とずら)」からです。

鴨沢から上り尾根を登って千本ツツジ峰に向うつもりだったので、本来であれば鴨沢までバスで向かってスタートするのが普通なのですが、東京から始発で向うと、鴨沢を通過するバスとの乗り合わせが悪く時間ロスが1時間近くになってしまいます。

そこで、乗り合わせの良い小菅の湯行きのバスに乗車して、留浦で降りて歩いて向うことにします。

留浦から鴨沢までは10分程度、湖面を眺めつつ向かえば直ぐです。

鴨沢についたら、そのまま集落を上に抜けていく形で雲取山への案内に沿って歩けば30分ほどで登山口まで到着できます。

登山口にはなにも無いので、おトイレや見繕いは留浦もしくは鴨沢のどちらかで済ませておいたほうが良いでしょう。

ギャラリー

東京駅から中央線始発に乗って、立川駅、青梅駅と経由して奥多摩駅へ
奥多摩駅から乗った電車の内装。東京アドベンチャーラインだそうです。
窓にもステッカー貼ってありました。凝ってますね。
奥多摩駅です。手前の日原行きのバス停は相変わらず大人気です。
小菅の湯行きのバスは、車道を挟んで向かい側の2番のりばから搭乗です。2021念6月5日時点のダイヤだと乗り換えに10分程度しか無いので、トイレ済ますなら超特急で。
留浦のバス停です。ここから歩きで鴨沢まで向かいます。
留浦バス停前には大きめのトイレがあるので、ここで見繕いするのも良いでしょう。
鴨沢までは車道歩きです。追い抜き車両に注意して進みます。
途中で橋を渡って、道なりに進んでいきます。
バス停に行く手前に、将門逃走ルートのモノローグが建ってます。将門の辿った道を追体験出来るように登り尾根の随所に建つ看板の起点になってるので、興味あったら読んでいくと良いです。
鴨沢のバス停に到着です。この右横の
集落の中を登っていきます。
案内に従って行きます。
更に案内に従っていきます。
駐車場を越えて進んでいくと、登山口が見えてきます。
雲取登山口に到着です。ここから山道になっていきます。

雲取登山口~七ツ石小屋~七ツ石山

登山口からは、しっかりと踏み固められた山道が続きます。

登り尾根は、歩きやすく広めの道の続く歩きやすい尾根道なのですが、縦走目的の大型ザックを担いだ方やトレラン目的に掛け抜ける方など、すれ違いや追い抜きが頻繁に発生しますので、接触等の無いように気をつけて向うとよいです。

また、道中には「将門迷走ルート」と題した看板が建っています。

平将門が故郷下総に向けて逃げ進む様子を追体験できるように、10枚に分けて登り尾根中に配置してありますので、興味あれば読み進めると良いでしょう。

2時間から2時間30分ほど登ると、七ツ石山へのコースと雲取山への巻道に分岐する地点に差し掛かりますので、七ツ石山へ向けて登っていきます。

途中にある七ツ石小屋を越えて、石尾根縦走路に乗り入れ、七ツ石神社が見えてきたら七ツ石山の山頂は目前です。

最後の登りを登り切ると、南北東の3方面に開けた山頂に到着しますが、この日は雲中でどの方面にも眺望ありません。ツマラナイので休憩せずに先に進むことにします。

ギャラリー

こんな感じの歩きやすい道を登ります。
廃屋が建ってます。どっかの漫画の主人公兄妹の家とか言われそうですね。
祠がありましたのでご挨拶してきます。
6月は緑がキレイですね。
こんな石混じりの道に変わってきたら傾斜がキツく鳴っていく合図です。
しばし登っていく、七ツ石山方面の分岐が出てくるので、そちらへ進みます。
赤いヤマツツジが居ました。期待が高まります。
七ツ石小屋直下です。
七ツ石小屋正面です。
七ツ石小屋テント場からの眺めです。なんも見えね。
さっさと先を急ぎます。
石尾根縦走路まで上り詰めたら七ツ石山方面へ。
七ツ石神社が建っているのでご挨拶してきます。
10分ほど登ると山頂です。今回は人が多いです。
今回唯一の青空です。直ぐに雲に覆われてしまいました。
山頂碑です。こいつ横から見るとPS5に見えるのはわたしだけでしょうか。
もと来た方向へ引き返して鷹の巣山方面へ向かいます。

七ツ石山~千本ツツジ峰

七ツ石山から千本ツツジ峰はとても近いです。

石尾根縦走路を鷹の巣山方面へ30分も歩けば到着できます。

尾根筋を向うルートで行っても、巻道から向かっても途中で交差できる地点があるのでどちらを進んでも良いでしょう。

なだらかな道を進みたいなら巻道を進むのが良いですが、今回は雲の中の山行です。濡れた木々から落ちる雫が雨のように降り注ぐので、多少アップダウンはありますが頭上の開けた尾根筋を使って向うことにしました。

始終、雲の中で10m先はなにも見えない状況でしたが、踏み跡が明瞭で迷わずに現地に到着できました。

また、尾根筋限定となりますが、現地のツツジの状況についても触れておきます。

千本ツツジ峰には、大きく2種類のツツジが生息しています。

1つ目は主に紫色の花を付けるミツバツツジ。

2つ目は鮮やかな赤色の花を付けるヤマツツジ。

紫のミツバツツジの方は、連日の雨の影響か半数は花を落としてしまってました。

一方、赤いヤマツツジの方は、これから満開に向う状況で半数は開花前の状態でした。

来週にはこれらが花開いて更に華やかになりそうです。

ギャラリー

石尾根縦走路を進みます。
雲の中なのでうっすらですね。
立て札が見えてきました。道なりですね。
写真だと補正されて先まで見えますが、肉眼だとこの半分も見えませんでした。老眼かもしれない。
千本ツツジに近づくにつれて増えてきました。赤だと尚更目に着きます。
近づくと半分は蕾でした。でも後ちょっとで咲きそうですね。
こっちも同じような感じです。満開ピークは来週末ですかね。
ミツバツツジも残ってました。
近づくと痛み始めてるのがわかります。
キレイそうなのを熱写。
立て札を発見。いつ頃付けたのでしょう。
このあたりは咲いているツツジが多いです。
峰谷へ降る方向にいっぱい咲いてました。今週は巻道側のほうが見頃だったかもですね。

千本ツツジ峰~高丸山~日陰名栗山~鷹の巣山

お目当てのツツジたちを堪能したら、あとは下山です。

ここまで尾根筋を外さずに来たので、いつもは巻いてしまう高丸山や日陰名栗山もちゃんと踏んで奥多摩まで降りることにします。

どちらも頂上には何も無く、展望にも恵まれていない割には、仲良くピーク直下に手強い急坂が控えていているので無理して登る必要は無いですが、ここ数年登ってなかったので現状確認を兼ねて登っていきます。

登りは気合と精神力で乗り切れましたが、赤土混じりの滑りやすい急坂を降るのに始終へっぴり腰になって降ることになりました。雨で湿っている日は、この道は避けたほうがよさそうですね。

高丸山や日陰名栗山を過ぎてしまえば、奥多摩までのルートで手強い急坂は鷹の巣山直下の急坂だけです。

このままの流れで登りきってしまいましょう。

ギャラリー

千本ツツジでお花見するという目的も果たしたので下山ルートに突入です。
まずは高丸山に向けての急坂を登りきります。
高丸山山頂です。ホントこれしかありません。

山頂の様子を動画に写してみました。

さっさと降っていきます。が、この降り滑りそうで怖いので慎重に進みます。
降りきって暫し進むと
今度は、日陰名栗山への登り返しがきます。ここもなかなか手強い。
日陰名栗山山頂です。日陰名栗峰と書いてありますね。どっちが正しいんだろう。

日陰名栗山山頂の様子も動画に写してます。

このあたりから、更にホワイトアウト感が強くなっていきます。
歩き慣れている石尾根じゃなければ撤退レベルでした。
標高下げたからか、少し雲が空けてきました。
鷹の巣小屋に到着です。
中はとてもキレイです。ただ、コロナ禍の影響で緊急時意外の利用は控えるよう張り紙ありました。
先に進みます。
鷹の巣山直下の急坂を登ると
鷹の巣山頂です。風も出てきたのでさっさと下山します。

鷹の巣山山頂の様子は、次のような感じでした。

鷹の巣山~奥多摩駅

鷹の巣山を越えたら、あとは木々に囲まれた尾根筋を淡々と降るだけです。

ただし、今回は降雨後の濡れたコンディションです。

いつもは駆け降りてしまう箇所も滑らないようにスピードを抑えつつ降りていきます。

特に、六ツ石山を過ぎたあたりから落ち葉が増えていきますので、隠れた先が滑りやすい赤土や傾いた岩では無いか注意しつつ進みましょう。

登山口を降りて、集落を抜け、羽黒三田神社まで来てしまえば、奥多摩市街地まで後少しです。

疲れた足に車道歩きは少々堪えますが、気合で降りきってしまいましょう。

奥多摩駅まで着いたら、おトイレの前に洗い場がありますので、泥で汚れた登山靴を洗ってから帰路に着くと良いでしょう。

ギャラリー

また雲が厚くなってきましたが、下山していきます。
水根への分岐を越えて先へ進みます。
真っ白です。
やっぱり真っ白です。
真っ白すぎるので、ヤマツツジの赤がとても目立ちます。
晴れの日よりも色が鮮やかに感じます。
真っ白すぎたので、六ツ石山への分岐までワープです。今回は山頂は遠慮しました。
晴れていると正面に御前山や大岳山が見えるのですが、まあ見えませんよね。
ここからは、意外な危険地帯に突入です。
この区間は非常に滑りやすく、大雨の日に河と化すので、通過するときには注意です。この日はあまりに滑るので道の脇を通らせてもらいました。
続いて枯葉絨毯地帯です。ここも滑るんですよね。
ちんたら、ちんたら高度を下げていったら、やっと雲が晴れてきました。
快適。快適。
キノコも見落とすこと無く発見できました。
三ノ木戸集落からの合流地点を過ぎて
痛みが進んだ橋を通過すると
林道に出ます。
林道沿いに降っていくと、小さな集落にたどり着きます。正面は鋸尾根ですかね。
まっすぐ進んで、近道を降りていきます。
ここを降って
林道跨いで、更に降っていくと
羽黒三田神社の裏手にでます。
正面に回って、今回も無事に下山出来たことのお礼をします。ありがとうございます。
更に民家の裏手を降っていくと
車道へ降りるので、どんどん降ります。
この車道の降りから奥多摩の市街地がよくみえます。
こんな脇道に入って
階段を降ると
コンビニの横にでるので左折します。
橋に向かって進み
橋を渡ったら
交番を突き抜けて交差点を左折すると
奥多摩駅に到着です。トイレ前に登山靴の洗い場があるので洗ってから電車に乗るといいですよ。
いい塩梅に青梅行きの電車が停車してましたので乗り込みます。それでは、お疲れさまでした。

まとめ

奥多摩ツツジの名所、千本ツツジ峰の様子でした。

ちょっと時期が早かった感はありましたが、沢山のツツジを鑑賞できて良いストレス解消となりました。

山深い場所にありますが、鴨沢から登り尾根を登れば比較的安全に登れるかと思いますので、6月いずれかの週末に赴いてみると幸せになれるかもしれません。

それではここまでお読みくださり、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました